お仏壇の飾り方

お仏壇の仏具「飾り方/置き場所/並べ方/向き」浄土真宗の基本

お仏壇にはたくさんの仏具が使われて、色んな決まり事があります。

  • どこに何を置けばいい?
  • 仏具はこの向きで合ってる?
  • 間違った置き方や並べ方をしていないかな?

と疑問に思ったり、不安になる方も多いのではないでしょうか?

法事などの際にお寺さんや親せきが見ても大丈夫なようにしたい

きちんとした本来の伝統的なお仏壇の飾り方を知りたい

そんな方にお答えできるように、

ここでは浄土真宗本願寺派(通称:お西)で使用する、ほぼ全ての仏具を取り上げて解説します。

記事中では、昔ながらの金仏壇きんぶつだんを例に解説していきますが、唐木仏壇からきぶつだん・モダン仏壇にも当てはまる内容です。

大型・中型・小型のサイズ別に、全体画像を3つご紹介した後で、

各仏具の飾り方や置き場所の手順を、わかりやすく解説したいと思います。

正しい知識を知れば、自信を持ってお仏壇のお荘厳しょうごん(⇦飾ること)ができるようになりますので、ぜひお役立てください。

「大型仏壇」仏具の飾り方画像・浄土真宗

大型仏壇の仏具の配置画像

これは浄土真宗本願寺派の、特に大きなサイズのお仏壇の仏具の飾り方の例です。

ご本尊を中心として、各仏具を左右一対に置くのが基本ですが、

お菓子や果物を乗せる「高坏たかつき段盛だんもり・供物台くもつだい」については、

全部使うとお仏壇の中が狭くなり、ごちゃごちゃした印象になってしまいがちです。

それぞれのお仏壇のスペースに合わせて、どれかを一対で使われていいと思います。

扱う仏具の種類が多く、画像で分かりにくい部分は後ほど解説したいと思いますが、

浄土真宗本願寺派の基本的なお荘厳しょうごん例として参考にされて下さい。

日常のお供えは「お仏飯ぶっぱん仏花ぶっか・お線香・ろうそく」くらいですが、

この図では法事で使用するお供え物用の仏具まで全て載せてあります。

「中型仏壇」仏具の飾り方画像・浄土真宗

中型仏壇の仏具の配置画像

各ご家庭で一番多いのが、このタイプのお仏壇ではないでしょうか?

普及型ふきゅうがた仏壇」とも呼ばれ、産地の特徴をあえて無くした全国的に広く販売されるお仏壇です。

さきほどの大型仏壇と比べて「上卓うわじょく前卓まえじょく和讃卓わさんじょく」といった台の役割をする仏具が無いことが多いので、扱う仏具の数も少なくなります。

お仏壇内が狭くてお供え物を置けない場合は、スペース確保の為に机を設置するといいでしょう。

「小型仏壇」仏具の飾り方画像・浄土真宗

小型仏壇の仏具の配置画像

小型仏壇は、家具などの上に置く事ができるサイズが多くあります。

仏具は簡略化されたデザインが多く、大型・中型仏壇のものと比べてシンプルな形をしています。

この図は小型仏壇に多い、浄土真宗本願寺派の飾り方の一例ですが、

もっと小さなサイズのミニ仏壇だと「花瓶・香炉・ろうそく立・おりん一式」くらいが最低限の仏具になると思います。

お仏壇の前にあるスペースも活用して、お参りしやすい配置を工夫されて下さい。

詳しい仏具の置き方・並べ方(補足説明)

先程の画像は全体図だったので、細かい部分までは見辛かったと思います、

お仏壇の置き方・並べ方で、特に迷いがちなポイントを以下で補足説明していきます。

四具足しぐそく(華瓶けびょう一対・火舎かしゃ・ろうそく立)の並べ方

四具足の画像大型仏壇などによく見られる「四具足しぐそく」という仏具は、お仏壇の最上段にご安置されたご本尊の前に並べます。

四具足しぐそくとは、4つの仏具をまとめた名称で「華瓶けびょう一対・火舎かしゃろうそく立」の1セットを言います。

中型・小型のお仏壇では華瓶けびょう一対だけをご本尊の前にお供えすることもよくあります。

四具足しぐそくをご本尊の前にある台(上卓うわじょく)に置く時の並べ方は、

左右対称に華瓶けびょう一対を置き、正面手前に火舎かしゃ、その後ろにろうそく立、お仏飯ぶっぱん上卓うわじょくに置く場合には仏飯台ぶっぱんだいを使わずに、火舎かしゃの両側やや奥に供えます。

四具足と仏飯の配置の画像

四具足しぐそくと一緒にお仏飯ぶっぱんも出てきましたが、法事などでお供え物がたくさんあった場合でも、お仏飯ぶっぱんはお供え物の中で特に大事にされているものなので、うっかり忘れないようにしましょう。
(当サイト管理人は、実家の法事の時に後で炊き立てをお供えしようとして、忘れそうになってしまいました。)

仏飯ぶっぱんをお供えする時の注意点

仏飯ぶっぱんをお供えする箇所は、

・ご本尊ほんぞんである阿弥陀如来あみだにょらいの前に2つ

・向かって右の親鸞聖人しんらんしょうにんのお脇懸わきがけの前に1つ

・向かって左の蓮如上人れんにょしょうにんのお脇懸わきがけの前に1つ

計3か所にお供えします。

※ご本尊ほんぞんである阿弥陀如来あみだにょらいの前には2つのお仏飯ぶっぱんをお供えするのが本来ですが、スペースの問題で無理な場合には、1つでも構いません。

脇懸わきがけが、蓮如上人れんにょしょうにん親鸞聖人しんらんしょうにん御影ごえい(⇦お姿が描かれた掛け軸)なら、その前にお仏飯ぶっぱんを仏飯台に載せてお供えしますが、

もし、十字名号じゅうじみょうごう九字名号くじみょうごうのお脇懸わきがけの場合には、お仏飯ぶっぱんはお供えしません。

五具足ごぐそく(花瓶かひん一対・香炉こうろ・ろうそく立一対)の並べ方

普段のお仏壇には、向かって左から「花瓶かひん・香炉・ろうそく立」の三つが並んでいると思いますが、この三つを三具足みつぐそくと言います。

今回説明するのは、大切な法事や特別な日に用意される五具足ごぐそくです。

五具足ごぐそくの並べ方は、

まず中央に香炉を置きます。(手前に土香炉どこうろ・その後ろに金香炉かなごうろ2つで1セットです。)香炉の両側に「ろうそく立てを一対」さらにその両側に「花瓶かひんを一対」を並べて使用します。

五具足の説明画像

法事・法要などの特別な日には、できれば「五具足ごぐそく」にするのですが、なければ三具足みつぐそくでも構いません。

香炉については2種類ありますが、土香炉どこうろ金香炉かなごうろの2つを用意する意味として、

土香炉どこうろ=お線香用

金香炉かなごうろ=お焼香用

という使い分けがあるからです。

土香炉と金香炉の説明画像法事などの改まった席では、ふたのついた金属製の金香炉かなごうろに火種を入れてお焼香するのですが、自宅の法事の際に、大勢の方が回し焼香に使うには小さいので、その時には土香炉どこうろで代用されて大丈夫です。

各仏具の向きについてですが、どこが正面?と迷った場合、

ろうそく立や香炉などは、付いている脚の一本が正面を向くようにして下さい。

お供え物を盛るための供笥くげは、平らな部分が正面を向くように置きます。

経卓きょうじょくの上はいつもすっきりと

お仏壇の前に経卓きょうじょくという机を置いてある方が多いと思います。

本来この経卓きょうじょくは経本を置くためにあるので「線香・マッチ・お供え物・おりん一式」などを置くためのものではありません。

それらをしまっておく場所がなければ、小物入れにまとめたり、別の机を用意してそちらへ置くことをお勧めします。

法事ではお寺さんが経本を置くのに使われたりするので、経卓きょうじょくはすっきりした状態にしておきたいですね。

[box04 title="亡くなった人にお水は必要?"]お仏壇の水やお茶のお供え・死んだ人ものどが渇く?浄土真宗[/box04]

お仏壇はご先祖様ではなく「ご本尊ほんぞん」が主役

どんなサイズのお仏壇にも共通している事は、一番上の段に安置してある「ご本尊ほんぞん」がお仏壇の主役だということです。

浄土真宗では合掌して拝む相手はいつもご本尊ほんぞんだけです。

なので、ご先祖様や故人の為のお仏壇だと考えてしまうと、お仏壇内に不要なものまで飾ってしまうことになりまねません。

また、ご自宅のお仏壇には合わないのに、今回ご紹介した配置の基本を無理に守ろうとすると、

仏具やお供えでご本尊ほんぞんが隠れてしまったり、ろうそくの火で焦してしまったり、汚してしまう可能性もあります。

そうならない為にも、仏具の置き方は各ご家庭で臨機応変に対応してください。

お仏壇の仏具やお供えは、全てご本尊ほんぞんに対するものだということを忘れないようにすることが大切です。

まとめ

・ご本尊を中心として各仏具を左右一対に置くのが基本

四具足しぐそくとは「華瓶けびょう一対・火舎かしゃろうそく立」の4つの仏具をまとめた名称

・お仏飯ぶっぱんはご本尊ほんぞんと両側のお脇懸わきがけ、計3か所にお供えする

・大切な法事や特別な日はなるべく五具足ごぐそく

「土香炉どこうろ=お線香用」「金香炉かなごうろ=お焼香用」

経卓きょうじょくの上はいつもすっきりと

お仏壇に位牌があるご家庭もあると思いますが、浄土真宗では位牌は礼拝対象ではないので処分されて構いません。

処分に困る場合にはお寺さんなどに相談してみることをお勧めします。

実はよく知らずに、お仏壇の中に入れてはいけないものを置いている方は意外とたくさんいらっしゃると思います。

今後も記事で色々とご紹介していきたいと思いますので、ぜひご参考にされて下さい。

[box04 title="お菓子のお供え方法はこちらから"]ここに本文を入力[/box04]お仏壇のお菓子・供え方や置く場所は?高坏や半紙で飾る方法

関連記事(一部広告含む)

-お仏壇の飾り方

Copyright© amswer-mama.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.