お仏壇の飾り方

お仏壇のお菓子|法事におすすめな20品&お供えにダメな物

お仏壇のお供えで何がいいのか悩んでしまう「お菓子」ですが、そんなあなたに当サイト管理人である私の経験をもとにおすすめのお菓子を約20個まとめました。

  • 法事の準備で自宅のお仏壇用のお菓子に悩んでいる
  • お供えのお菓子を贈る時に何がいいのか知りたい
  • いつも同じお菓子になるので違うものにしたい

という、お菓子の選び方について知りたいあなたへ、

お仏壇のお供えお菓子・おすすめ20と選んではいけないもの

ということで、お仏壇のお供えとしてよくないものもあわせてご紹介します。

お仏壇の法事に使えるお菓子をまとめて紹介

和菓子のイメージが強いと思いますが、実はそんなことはなく、洋菓子でも全く問題ありません。

ここでご紹介しているお菓子の中には、

口コミや評判が良く、基本的に熨斗のし対応有りのものを選んではいますが、

気になる商品があれば、ご自身でもよく内容を確認されてから申し込みをすることをおすすめします。

最中もなか・練り切り菓子

もなかと練り切り菓子の画像もなかや練り切りで作られた和菓子は、贈答用などの高級品も多く、お仏壇へのお供えとしてもお菓子の中では上位の位置づけです。

練り切りの生菓子は日持ちしないので、お供えしたらすく頂くようにしましょう。

もなかに関しては「お供え物で失敗したくない人」におすすめです、

さすがにもなかに文句を言う人はいないと思いますので…。

和菓子屋さんで相談すれば、おすすめの品を教えてくれたりするので、足を運んでみてはいかがでしょう?

マカロン

マカロンの画像女性やお子様の人気が高く、小豆あずきが苦手な方はもなかの代わりにマカロンもいいですね。

形もかわいくて色どりもいいので、モダンな家具調のお仏壇にもよく合うと思います。

落ち着いた色がいい場合はショコラ系のマカロンがお勧めですよ。

どらやき

どらやきの画像お仏壇の定番「どらやき」ですが、

和菓子店はもちろん、スーパーの和菓子コーナーにもほぼ置いてあるので、とにかく手に入りやすくて助かる一品です。

大きなどらやきは1つでもお仏壇の中にボリューム感が出るうれしいお菓子です。

どんな法要でもOKで、贈り物としても重宝される品です。

まんじゅう系(栗饅頭・上用饅頭)

まんじゅうの画像

お饅頭全般は、どんな種類でもお供え物として最適で、こんもりと丸い形をしているので、高坏たかつき段盛だんもりに載せた時に見栄えが良いです。

上用じょうよう饅頭(本来は薯蕷じょうよ饅頭)とは、山芋などを使った皮であんを包んだ 主に贈答用として扱われる高級なお饅頭です。

お供えの贈り物としてお饅頭を選ぶなら、上用饅頭もおすすめです。

普段とは違ったお饅頭を取り寄せるのも、法事の楽しみとしていいと思います。

桜もち・ちまき・かしわ餅

かしわ餅、桜餅、ちまきの画像4月~5月の時期にはこういったお供えをされる方も多いのではないでしょうか?

時期的なものなので、年中手に入るものではありませんが、好きな方も多いのでお供え物として贈っても喜ばれるお菓子です。

季節を取り入れたお菓子で春を感じてはいかかでしょうか?

自宅のお仏壇用に購入して、御供えし終わったらみんなで頂くのに良さそうですね。

通販で注文すると、ちまきは冷凍で届くようなので、お店で購入された方がより風味がいいと思います。

カステラ

カステラの画像カステラはお子さんのいらっしゃるご家庭などでは、お下がりを頂く時に喜ばれる品ですね。

卵が使ってあるのでアレルギー等には気を付けていただきたいのですが、法要や季節を選ばず比較的手に入りやすいお菓子です。

長いものは切ってお供えし、小分けタイプなら開けずにそのままお供えしてもいいと思います。

⇩こちらの商品は10切れにカット済みです、プリザードフラワーとセットになっていますよ。

お団子

お団子の画像白いお団子のお供えは、地域や家庭によって「作り方・積み方・数」などが決まっている場合もあります。

「枕団子・迎え/送り団子」といったものが有名で、ご自宅で作る方もいらっしゃると思います。

⇩贈り物としてのお団子もいいですね、これは柔らかくて本当においしそうな品です。

ようかん・ゼリー

ようかんとゼリーの画像ようかんと聞くと、長い一本のものを想像しがちですが、小分けタイプのようかんもあるので、そちらだとそのままお供えできるので簡単です。

いもようかんや栗ようかんなどの、黄色い色が入ったものもいいですね。

夏にピッタリなゼリーや水ようかんは、開けずにカップのままお供えして大丈夫です。

見栄えが綺麗なので、みんなが思わず笑顔になる贈り物にも最適な品です。

⇩こちらの商品は、熨斗のし対応が確認できなかったのですが、あまりにも口コミの評判が良く、可愛らしかったのでご紹介だけしておきます。

落雁(らくがん)

落雁の画像
昔からお盆やお彼岸に欠かせない落雁らくがんです、お盆やお彼岸の時期にはスーパーでよく見かけますね。

ほとんど砂糖のかたまりなので、お供え後にどうすればいいのか困る人も多いですが、

ビニール型の中にサラサラの状態の砂糖が入っているものだと後でお料理に使えるのでおすすめです。

自宅のお仏壇に飾るためであれば、スーパーで購入したものでお値段も見栄えも十分ですよ。

 

洋菓子(クッキー・マドレーヌ)

洋菓子の画像
洋菓子は私もよくお仏壇にお供えしています。和菓子じゃないといけない決まりは浄土真宗にはないので、問題ありません。

ただ、シュークリームなどの柔らかくてクリームの出るようなものや、室温で解けてしまいそうなチョコレートは、お仏壇や仏具を汚してしまう可能性があるので避けます。

ショートケーキなどもお仏壇にお供えするにはふさわしくないので、扱いやすくて賞味期限の長い「焼き菓子」がいいでしょう。

洋菓子の詰め合わせはどこのデパートでも購入しやすいのですが、なるべく外出を自粛されたい方は、

⇩こちらの詰め合わせがお手頃だったので、ご紹介しておきますね。

こんぺいとう

こんぺいとうの画像こんぺいとうは袋もかわいいデザインが多いので、出さずに袋のままお供えしていいと思います。

手間暇かかって作られるこんぺいとうは高級品も多く、色とりどりの一粒一粒がお仏壇を華やかにしてくれると思います。

⇩こちらの商品は熨斗のしの対応が確認できませんでしたので、ご自宅用として注文されるのであれば問題ないかと思います。

ぼたもち・おはぎ

おはぎ、ぼたもちの画像忘れてはならない「ぼたもち・おはぎ」ですが、実はこの2つは全く同じもので、時期によってぼたもちとおはぎに呼び方が変わります。

ぼたもちは春のお彼岸の牡丹の花が咲くころのもので、おはぎは秋のお彼岸の萩の花が咲くことのものです。

わが家は年中おはぎと呼んでいますが、母と手作りした時には必ずお仏壇にお供えしてからみんなでお下がりを頂いています。

作りたてが一番おいしいので、お近くの評判の良いお店があればそちらで購入することをおすすめします。

塩豆大福・いちご大福など

塩豆大福、いちご大福の画像塩豆大福は年中手に入りますが、フルーツを使った大福は種類も多く、それぞれ旬の季節によって販売時期が異なります。

12月~4月が旬のいちご大福もいいですが、夏のマスカット大福もいいですね。

粉がついてしまうので、袋から出さずにそのままお供えして、賞味期限が短いので、その日のうちに頂ける数を準備しましょう。

フルーツ大福は通販だと冷凍が多いので、店舗で購入した方が新鮮でおいしくいただけると思います。

煎餅せんべい

おせんべいの画像私の個人的な意見なのですが、法事などで頂きもののお菓子の中でお煎餅があるとすごく嬉しいです。

法事の準備で家のお仏壇を飾る時に、お供えするお菓子はどうしてもお饅頭などの和菓子が中心になってしまうので、塩味系のお菓子は貴重な存在です。

お仏壇のお菓子を考える時に、ほとんどの人があんこ系の甘いお菓子を思いつくとは思いますが、こういった塩味系お煎餅は、意外と喜んでもらえる一品だと思います。

⇩こちらの商品は「木の葉おかき×1」と「お茶の葉×2」がセットになった気の利いたとても良い品ですね。

この写真では中身がわかりませんが、一口サイズの美味しそうなお煎餅が入っています。

お仏壇のお供えに選んではダメな物

  • 酒・ビール
  • コーヒー・紅茶・ジュース
  • 水やお茶
  • タバコ

嗜好品や生臭いものは避けましょう。浄土真宗では飲み物はお供えしませんので、お仏壇に湯茶器やコップなども置きません。

普段のおやつで食べるような、スナック菓子などの袋菓子もお供えとしてはあまり向いていません。

あくまでも阿弥陀様へのお供えとして考えて選ぶようにしましょう。

お仏壇にお菓子をお供えする意味

一番大切なところからお話ししますが、お仏壇に食べ物をお供えするのはどうしてだと思いますか?

お仏壇に故人が生前に好きだった食べ物などをお供えしている人も多いのではないでしょうか?

「お腹空いてないかな?」「好物だったからきっと喜ぶだろうな」

そう思ってお供えしているのであれば、それは本来のお仏壇に食べ物をお供えする意味としては間違いなのです。

食への感謝を込めてお供えする

実際に仏様が食べるわけでも、故人やご先祖様が食べるわけでもないですよね?

浄土真宗では何の為に食べ物をお供えするのかというと、

「仏様(阿弥陀如来あみだにょらい)への感謝と敬いの心を表す行為」

というのが本来のお供えの意味になります。

私達が生きていくために欠かせない食べ物を「命の恵みとして慶び感謝する」という気持ちを表して、お仏壇にお供えするという行為になっているのです。

なので、贈る側の方もお仏壇にふさわしいものを選ぶようにしましょう。

お仏壇があるご家庭でも、お供えが故人の好物だらけにならないように注意が必要です。

よそからいただいた物も含めて、如来さまへお供えして感謝する習慣をつけたいですね。

まとめ

・食べ物のお供えは「仏様(阿弥陀如来あみだにょらい)への感謝と敬いの心を表す行為」

・和菓子のイメージが強いが、洋菓子でも全く問題ない

・嗜好品、生臭いもの、スナック菓子などはお供えしない

お供え物を何にしていいか悩んでいる人も、あまり難しく考える必要はないと思います。

その気持ちだけで本当にじゅうぶんだからです。

どうしてもマナーや作法が心配な方は、自分1人で考えるのではなく、周囲に色々と相談して意見を聞いてみるのが一番です。

当サイトが少しでもヒントになり、あなたのお役に立てればと願っています。

関連記事(一部広告含む)

-お仏壇の飾り方

Copyright© amswer-mama.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.