お仏壇の仏具の配置と浄土真宗・本願寺派の基本的なお飾りの方法

お仏壇の仏具の配置と浄土真宗・本願寺派の基本的なお飾りの方法

お仏壇の中の仏具をどう配置するか??

つまり、「お荘厳(しょうごん)」の

ことですが、このことが曖昧なまま
自己流で配置されている方も多いようです。

浄土真宗・本願寺派のお仏壇について、

大型・中型・小型

にわけて、それぞれのお飾り方法をご紹介します。

正しいお荘厳を知ることによって、
すっきり整ったお仏壇にして下さい。

(あわせて読みたい記事)
     
法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?

仏壇の花の飾り方は?法事で使う種類や色の選び方

 

浄土真宗・本願寺派(大型仏壇のお飾り)

 

このお荘厳は法事・法要時の
理想的なお飾りの場合です。

大型仏壇の場合、ご本尊の前に
小さな台⑦(上卓=うわじょく)があります。

上卓には三角の「打ち敷⑫」を敷いて下さい。

三回忌までの法事や悲しみの法要には
銀や白地のものを敷き、

七回忌以降や慶事(入仏式など)の法要には

金欄などの華麗な色彩のものを用いる習わしと
なっています。

その上卓には
四具足(しぐそく)のお荘厳をします。

四具足とは、

・華瓶⑤(けびょう)×2

・火舎③(かしゃ)×1

・ろうそく立て④×1

の合計4つを四具足といいます。

上卓にはさらにお仏飯⑥(ぶっぱん)

2つお供えするので、

四具足とあわせて6つ並ぶことになります。

 

 

そもそも上卓が無い!

と言う場合は、ご本尊の前に仏飯台を置いて、

その上にお仏飯をお供えします。

 

上段には、法事などの特別な時に、

お餅などをお供えするための供笥⑪(くげ)
も置きます。
 ⇩
お仏壇のお餅の数はいくつが正しい?お供えする意味と仏具は?

(お菓子や果物のお供え方法はこちら)
 ⇩
法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?

 

Advertisement

浄土真宗・本願寺派(中型仏壇のお飾り)

上の画像では、お仏壇の手前あたりに
香炉⑭・花瓶⑫・ろうそく立⑬
三具足(みつぐそく)が置いてありますが、
             ⇩

法要・法事では、ロウソク立と花瓶が増えて
五具足(ごぐそく)になります。
   ⇩

なければ三具足のままで大丈夫です。
五具足を置くと狭い時は、一列に並べなくても

花瓶を奥に置いたり、香炉を手前にしたりと、
調節して下さい。

 

香炉は土香炉と言われるものや、
蓋(ふた)のついた金香炉もありますが、どれでも差し支えありません。

(自宅法要のお焼香の準備方法はこちらを参考にされて下さい)
    ⇩
自宅の法事でお焼香に必要な準備は?回し焼香の簡単な方法

 

浄土真宗・本願寺派(小型仏壇のお飾り)

お仏壇が小さいので、
法事などでも基本的に三具足で大丈夫です。

お菓子や果物のお供えが入りきらない場合は、

手前に簡易のテーブルを置かれてもいいと思います。

(お供えについてはこちらを参考にされて下さい)
    ⇩
法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?

 

Advertisement

お寺さんがお勤めしやすいように卓上は何も置かない

 

法事・法要では、
お寺さんがご自身の経典を開いて置くので、

経卓⑮(きょうじょく)の上には
何も置かない方がいいでしょう。

左手には御文章箱⑪右手にはおりん⑰を置いて、
すぐ手に届くようにしておきましょう。

※お寺さん用の座布団を忘れずに!
(自宅の中で綺麗なものを用意すればいいです)

 

まとめ

お仏壇はすっきりと綺麗にお飾りしましょう。

そして、気を付けていただきたいのが、
位牌や故人の遺影、湯呑などはお仏壇には置きません。
    ⇩
お仏壇にお水やお茶のお供えは間違い?湯呑やコップは使わない?

浄土真宗・本願寺派のお荘厳の基本が分かれば、
お世話をしていくうちに必要な仏具などを購入されて、
配置の工夫をされて下さいね?

 

こちらの記事もどうぞ(一部広告を含む)

お仏壇・お飾りカテゴリの最新記事