Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お墓

お墓・お仏壇を拝んでも先祖供養や成仏できない理由

大切な家族やご先祖様の為に
お墓やお仏壇に向かって合掌している人が多いと思います。

実は私たちがいくら拝み願っても
全く供養にならないと知ったらショックですよね?

浄土真宗の教えでは、死んだ人に対して
供養や成仏させることをしない
という考えがあります。

仏教的な考えを含めながら
どういうことか見ていきましょう。

(あわせて読みたい記事)
    ⇩
お仏壇のご飯のお供えは炊き立てを毎日?本願寺派と大谷派で作法が違う?

仏壇の花の飾り方は?法事で使う種類や色の選び方

お墓・仏壇に死んだ人が宿っている??


出典:https://1.bp.blogspot.com

たくさんの人がこんな風におもっているのではないでしょうか?

■ご先祖を実体的に考えていて、
ご先祖の霊魂の様なものが、墓やお仏壇に入っていてる。


■しかも、その霊魂は生きていた時と
同じ様に
意志や感情を持っている。


■墓やお仏壇は、そんな先祖の霊を、
生きている者が
おそれ敬い、慰めるために祀る所。

 

どうでしたか?

お墓やお仏壇の事を
こんな感じで考えている人が多いと思います。

しかし、仏教の考え方は違います。

実は固定的な実体としての
霊魂を否定するのが仏教考え方です。

浄土真宗でも人間が思い浮かべるような
幽霊・お化け・魂といったものを否定しています。

なので、仏教的・浄土真宗的には
お墓・お仏壇といった場所には
亡くなった人は
いないと考えます。

 

これまでお墓やお仏壇にご先祖様や
亡くなった家族が入っているとばかり思い、

感謝や供養の念を込めて手を合わせている人も多く
いると思いますが、

実は浄土真宗の根本的な教えからすれば
間違った考えということになります。

実際にお寺に通っているお年寄りでさえ
毎日死んだ人の供養の為に手を合わせている
という人がいるので、なかなか根深い問題です…。


スポンサーリンク

人間には死んだ人を成仏させる霊能力はない


出典:https://3.bp.blogspot.com

当サイト管理人は
個人的には怖い話とかけっこう好きです。

テレビを見てても、
心霊スポットなどをめぐった時に
タレントやスタッフにとりついた霊を
霊能力者の人が

「え~いっ!」

と言って除霊したり、
お炊き上げなどをして供養するシーンなども
よくありますね。

あのような能力が本当かどうかは別として、

お寺のご住職さんにも同じような
霊能力や超能力があるのかと言うと違います。

実際に、
浄土真宗のご院家(ごいんげ)さん本人も法話の中で、

俗習や固定観念から

「供養してください」
「成仏させてください」

と頼んでくる人がいるので
その都度、正しい教義をお伝えしている

とおっしゃっていました。

実際に門徒(もんと=浄土真宗の檀家)の人でも

死んだ家族を思うあまりに
「供養・成仏」
といった言葉を使ってしまうのでしょうね?

浄土真宗では死んだ人はそのあとどうなる?

浄土真宗というのは
「南無阿弥陀仏」と唱えればただちに
阿弥陀如来の救いにあう

という教えの通り、亡くなった人は
すぐに極楽浄土へ生まれ還るとされています。

厳しい修行や戒律の無い宗派なので、
どんな人も信心ひとつで救われる
という教えです。

つまり、
死んだ人はすぐに極楽浄土へ行く
ということです。

苦しみ・痛み・悲しみ・怒り・飢え
とは無縁の世界です。

浄土真宗的にはこの世の方が
よっぽどハードであるということですね…

生きている人間が死んだ人を供養できない理由

先ほどお話した通り、
とっくに極楽浄土にいる人を
成仏させたり、供養したりする必要なんてないですよね?

しかも、生きている以上
私達は煩悩だらけの凡夫(ぼんぶ)であります。

「煩悩=欲」ですが、欲があってこその人間です。

そんな私達が「供養・成仏」させて
迷いのない悟りの世界へ死んだ人を導く力が…

あるわけありませんよね。

結局、導く力があるのは阿弥陀如来だけという教えです。

そんな阿弥陀如来を信じてお念仏することが
信心ひとつで救われる」という意味です。

亡くなった人は私達が仏縁にあう事を願って
いつも働きかけてくれていると考えられています。

浄土真宗で手を合わせる対象は阿弥陀如来だけ

浄土真宗では、合掌の対象は阿弥陀如来だけです。

なので、お墓・お仏壇で私たちが合掌するのも
本来の意味としては

ご先祖が還ったお浄土を偲びつつ
阿弥陀如来に手を合わせる

というとこになります。

阿弥陀如来に手を合わせることが
ご先祖や亡くなった家族を
敬い・感謝する事に
繋がるという事です。

まとめ

・お墓・お仏壇にはご先祖や亡くなった人はいない

・生きている人間には供養したり成仏させる力はない

・救ってくれるのは阿弥陀如来の力だけ

・お墓やお仏壇に合掌するのは
ご先祖や亡くなった人ではなく、阿弥陀如来が対象

以上の事が浄土真宗でよく言われている教えです。

このことを少し意識して
お墓・お仏壇参りをしてみてはいかがでしょうか?

(あわせて読みたい記事)
     ⇩
お仏壇にお水やお茶のお供えは間違い?湯呑やコップは使わない?

浄土真宗の法名(戒名)の文字数は?院号がつくと値段が高い?