ハロウィンにはなぜかぼちゃのおばけ?名前とお祭りの由来とは?

ハロウィンにはなぜかぼちゃのおばけ?名前とお祭りの由来とは?

 

色んな表情で、かわいいかぼちゃのおばけは、
子供にもキャッチーなようで、
ハロウィンが近づく10月は、
町中がかぼちゃだらけになるほどの人気ですね!

今や当たり前に目にするハロウィンの

「かぼちゃのおばけ」

なんで「かぼちゃのおばけ」が
ハロウィンの象徴として
扱われるようになったのでしょうか?

そして、面白い名前の理由もありましたよ!

今回も「分かりやすい」お話しにして、
お届けします!

(あわせて読みたい記事)
     
お彼岸が春分・秋分の時期にある理由は?日本だけの行事?

 

ハロウィンとは?なんの為のお祭り?

出典:3.bp.blogspot.com

「え~??仮装して町中をウロウロするお祭りじゃないの~???」

なんて答えが帰ってきそうですが・・。

違いますよ!

 

元々は2000年以上前の、
古代ケルト民族の宗教儀式で、

 

ハロウィンというお祭の本当の意味は、
秋の収穫を祝い、

悪霊を追い払う宗教的な意味をもつ行事です。

 

後にキリスト教にアレンジされていきました。

11月1日は「万聖節」(ばんせいせつ)
または、諸聖人の日といって、

亡くなった人が家族のところに
帰ってくる日と言われています。
(日本でいうところの「お盆」みたいなものです!)

そして、

この11月1日のことを
Hellow(神聖な)の日と呼び、
その前夜である10月31日は
All Hellow Eve(オールハローイブ)と
言われました。

オールハローイブが繰り返し使われる中で
ハロウィンになったという説
があります!

ただ、このアメリカ版のお盆には
困ったことがありまして、
亡くなった家族以外にも、
魔物もたくさんこの世にきちゃうみたいです!

 

だから、
魔物にあの世へ連れていかれないように、
ハロウィンにはおばけの格好をして、
仲間だと思わせて、
魂をとられないようにしたんですね。

 

秋の収穫を祝い、
悪霊を追い払うという目的は、
古代ケルト人からの流れが
合わさった形になっていますね、

ハロウィンには以外にも長~い歴史が
かくされていました!

 

かぼちゃのおばけと名前の由来

 

意外にも、こんな物語が隠されていました!
それは ジャックという男の話。

早速はじまりはじまり~!

 

 

むか~しむかし、
アイルランドという国に、ジャックという
男がいました。

この男はケチで乱暴者、嘘つきで、
人を騙してばかりいました。
そして、好きなものはお酒でした。

10月31日のある夜のこと、
悪さばかりして人を困らせてばかりのジャックの前に、
とつぜん悪魔がやってきました!

実はこの日、
あの世とこの世の扉が開く日だったのです!

悪魔はジャックに言いました。

「お前のたましいを取ってやるぞ~!」

 

出典:3.bp.blogspot.com

 

すると、ジャックは怖がることもなく、
こう言いました。

「わかった!魂はあげよう、
でもそのかわりに

最後のお願いを聞いくれないか?

りんごが食べたいから、
あの木から取ってきくれ!」

そんなジャックのお願いに悪魔は、

「え~!?
んまぁ最後のお願いならしょうがないな~。

ちょっとまってろ!」

そう言って、悪魔はリンゴの木に登りました。

するとジャックはササッ!
とリンゴの木の表面に十字架を刻んだのです!

悪魔は十字架が大っ嫌いでした。

「こら!!なにするんだ!!
十字架こわいよ~~~(泣)」

悪魔はリンゴの木の上から降りられず、
大声でわめきました。

さすがジャック!悪さにかけては悪魔に負けていません!

akudaikan_koban_money出典:1.bp.blogspot.com

ジャックは悪魔を木からおろしてやる代わりに、
もう二度と
魂を取らない約束をさせました。

悪魔は、

「覚えてろよ~!!」

と、あの世へ飛んで帰って行きました。

 

ハロウィンで使うのはかぼちゃではなくカブだった??

 

ジャックは年を取っておじいさんになり、
本当に死んでしまいました。

ジャックは天国にいこう!
と、目指しますが、
悪い事ばかりしてきたので、
さすがに天国には入れてもらえませんでした。

当たり前です。

仕方がないので、
「とりあえず地獄でいいか!」
と入口までいくと、
なんと!あの時の悪魔が立っていました!

「久しぶりだなジャック!
もしかして地獄に入りたいのか~??」

ジャックがうなずくと、

悪魔は嬉しそうに言いました。

 

「それは無理だな~!
ここに入るには、
魂をもらうことになってるんだ。

お前の魂は取らない約束だったろ~?
だからお前は地獄に入れないぞ~!?」

 

「マジか・・・・・・・!」

 

悪魔にそう言われて、途方にくれるジャック。

天国にも地獄にも行けません。

真っ暗な中を永遠さまよい続けるしか
ありませんでした。

そこでジャックは悪魔に言いました。

「せめて明かりをくれないか?
暗くて歩きにくいんだ・・」

自分で追い払ったものの、
ちょっとかわいそうに思った悪魔は、
地獄用の火の玉をあげました。

熱くて持てないから、
ジャックは転がっていたカブに火を灯して
来た道をトボトボ帰って行ったとさ。

おしまい!

 


 

 

実は、かぼちゃのおばけの事を、 

「ジャック・オー・ランタン」
って言いますが、

日本語にすると
「ジャックのあかり」って意味なんです。

 

え????かぼちゃじゃなくて

カブですけどって????

 

そうなんです(汗)

 

実はこれ、
アメリカにハロウィンが伝わる前の話で、
当初のアイルランドのハロウィンでは
カブのあかりだったんです!

 

出典:1.bp.blogspot.com

 

もともとアイルランドでのハロウィンは、
カブでランタンを作っていたのですが、
そのあと伝わったアメリカには、
カブはあまりなかったそうです。

アメリカでは、
ハロウィンの10月の時期にかぼちゃが
たくさん採れたので、
カブじゃなくてもかぼちゃでいいよね!
と、なんともアメリカらしい発想で、
かぼちゃのランタンが作られたそうです。

くり抜きやすいし、
アメリカのかぼちゃは大きくてオレンジ色で、
見栄えがいいですもんね!

 

 

まとめ

 

 10月31日 のハロウィンは
秋の収穫を祝い、亡くなった家族を迎え、
ついでに
あの世から一緒にやってきてしまった魔物を
追い払うお祭りということがわかりました!

そして、かぼちゃのおばけランタンは、
悪いことばかりして天国にも地獄にも
いけないジャックのランタンが
名前の由来になっていて、
「ジャック・オー・ランタン」
ということもわかりましたね!

ここ最近の日本で、
若い人を中心に盛り上がりを見せるハロウィンですが、
亡くなった家族が帰ってくるなんて所は、
日本の「お盆」に本当によく似た行事だなと思いました!

長くなりましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました!

(あわせて読みたい記事)
    
ハロウィンで子供におすすめの衣装やキャラクター仮装は?

 

こちらの記事もどうぞ(一部広告を含む)

行事カテゴリの最新記事