冬の乾燥で体がかゆくなる理由は?肌荒れの予防や治す方法とは?

冬の乾燥で体がかゆくなる理由は?肌荒れの予防や治す方法とは?

暑い夏が終わりに近づくと、
とたんに空気がカラッと乾燥し始めて、
過ごしやすいのはいいけど、なんだか
カサカサしてかゆい・・。

私も、冬場は乾燥肌に悩まされています。

乾燥による肌のトラブルは、
なるべく早めに対処しないと、
さらに酷くなるばかりですね?

経験談を交えながら、
いろいろと解説させていただきます。

(あわせて読みたい記事)
    
お風呂上りに蕁麻疹?子供の赤いぶつぶつ・かゆみの原因とは?

 

 

乾燥すると体がかゆくなる理由

出典:4.bp.blogspot.com

子供は冬場になると、お風呂上りに
全身に保湿クリームを塗ってあげないと、
かゆがって夜も眠れないほどです。

大人だってそうですよね、

この厄介な「かゆみ」はどうしておこるのでしょう??

 

肌のかゆみのわけ

 

本来、健康な肌は、
表皮の外側にある「角質」が、しっかり水分を保ち、

「角質」の外側の「皮脂膜」が肌の潤いを保っています。

この「角質」と「皮脂膜」の機能が
正常に働いている間は、
肌も、健康な状態を保つことができるのです。

 

健康な肌は、ホコリ、ウイルス等から守られて
いるのですが、

1度この機能が壊れると、肌の修復力が低下して、
刺激が入り込みやすくなってしまいます。

そうすると、皮膚にかゆみが出てきてしまうのです。

 

角質と角質膜の機能低下の原因は?

 

1・寒さと乾燥

2・寒さによる血行不良

3・ストレスや生活習慣の乱れ

4・加齢

他にもタバコも肌に悪いのはよく知られていますね!

 

 

乾燥肌にならない予防方法と治し方

 

つい知ってても見落としがちな事から、私の体験談も
交えてお話しします!

 

1・加湿器を使いましょう!

湿度の低下はよくありません。50%を下回ったら
加湿器で調節しましょう。

肌の乾燥を防ぐのと、風邪などのウイルスが
活動しにくくなるので、冬には必需品です。

 

 

2・お風呂の石鹸やボディーシャンプーの見直し!!

ちなみに、我が家の場合は、
体を洗うタオル(ナイロン製)も
良くなかったみたいで、

子供がひどい乾燥肌になって大変だった
ことがありました。

手で洗ってあげるので十分らしいですよ??

私自身も、肌が強くないので、
1年中乾燥していたのですが、ここだけの話、

ボディーソープを、
馬油をつかった石鹸に変えると、

お風呂上りに突っ張っていた肌が、しっとり!
しかも粉を吹いていたひじも、
良くなりました!手放せません!

 

3・お風呂上りに、乾燥が始まる前に速攻で保湿クリームを塗る!

冬場は寒いですが、
よ~くお風呂で温まってから体を拭いて、
(ゴシゴシ拭かない)

すぐに全身に塗ります。

それから着てくださいね?

体はポンポンと、
タオルで体をかるくたたく様に拭くといいですよ?

お風呂上りは肌の乾燥が早く進むので、
すぐ塗れるように
クリームを用意しておいたほうがいいですね!

 

4・吸湿性の良い肌着

化学繊維の肌着
(レーヨン・ポリエステル・ナイロンなど)
はなるべく避け

綿などの、吸湿性のよい肌着を着用しましょう。

 

5・肌の健康は食事が大切!

体内環境は、肌に大いに影響を与えます。
ここでは、乾燥肌に効く食べ物を紹介します!

■卵
栄養が豊富で、たんぱく質・ビタミンAなどが含まれます。

卵に含まれるビオチンは、
皮膚科の薬にも用いられている栄養素です。

皮膚を健康に保つ働きがあります。

■納豆
たんぱく質、ビタミンEなどが含まれ、
ポリアミンという成分は、代謝を活発にするので、
肌の調子をサポ―トしてくれます。

■パプリカ
ビタミンCが豊富で、その他、
βーカロテンやビタミンEなど、
乾燥肌の強い味方の成分が豊富です。

こちらの記事もどうぞ(一部広告を含む)

からだカテゴリの最新記事