仏教では喪中葉書を出すのは間違い?年賀欠礼葉書の文例紹介

仏教では喪中葉書を出すのは間違い?年賀欠礼葉書の文例紹介

一般的に、身内の葬儀のあった年には、
翌年の年賀状は出さずに

喪中ハガキ

を出す方が多いと思います。

きちんとしているつもりでも、
実は間違いだらけの
忌中や喪中のお話しをしたいと
思います。

(あわせて読みたい記事)
     
お寺へのお年賀は喪中や忌中は控える?年始の挨拶の注意点や持ち物は?

 

そもそも喪中や忌中って何?

oshoushiki_gosyoukou
出典:2.bp.blogspot.com

 

それぞれを簡単に説明しますと、

■忌中(きちゅう)
・家族に死者があって、忌に服している
期間。特に、死後49日間を言います。
神事や結婚式、
派手な行いは避けるべきだといわれます。

 

■喪中(もちゅう)
・忌中に比べて期間は長く、1年とも
いわれます。故人を偲んで、喪に付す期間を言い、
人によって長短の差があります。
忌明け後の悲しみを乗り越えて
平常の生活に立ち直っていく期間とも言われます。

 

 

仏教では「死=けがれ」ではありません

 

この忌中や喪中の概念としては、
元々の出どころが
神道であり、

神道でいえば、
死は最大のけがれです。

 

「死」という
どうすることも出来ない事に対して
人は、何か特別な事をして、自分自身の不安や
恐れを紛らわそうとします。

本来の仏教の教えに逆行するような
迷信も、人は迷いのせいでいとも簡単に
信じてしまうのです。

ですが、仏教の教えでは、
死=けがれではありません。

仏教とは、仏陀(お釈迦さま)の説かれた教えで、
今、生きている全ての人々の為に
教えが説かれています。

この「忌中」や「喪中」は、
親族を亡くした悲しみを癒し、
日常生活に復帰するための

「精神的な準備期間」です。

しかし、この「精神的な準備期間」とする反面、
日本の古い迷信や、
「けがれ」の概念からくる宗教観によって、

「親族の死によって、
不幸や悲しみの目に合ったので、
他人へ何らかの影響を与えない様に
(不幸や悲しみが移らない様に)身を慎む」

という非仏教的な「けがれ概念」
忌中や喪中として根深く浸透してしまっている為に
喪中ハガキも同様に浸透しているのです。

何度も言いますが、

仏教には忌中も喪中もありません。

 

だけど、やっぱり喪中葉書は出したい!?

yuubin_post
出典:2.bp.blogspot.com

仏教には忌中や喪中が無いと言いましたが、
特にそのことを1番はっきり
言っているのが
浄土真宗です。

死は「けがれ」では無いという教えから、
習俗である、※「清め塩」や、※「忌中札」
は絶対に認めないという僧侶の方が大半です。

※清め塩

「死」という不幸がついてこない様に

死者の霊や、何か悪いものを
持ち帰らないために、

通夜・葬儀の後に
自分自身に塩を振って清めるという迷信。

※忌中札

人が亡くなると、
その家の玄関先に貼られる「忌中」
と書いた紙。

通夜や葬儀の日時などが
書かれたものも多く、

葬儀社の方から葬儀が終われば
はずしてもいいと、言われることもある。

亡くなった人の続柄によって、
張り続ける期間が最大50日など、
明治以降~昭和初期の法律上の
定めがあったりしたため、

しばらく張り続ける家もあるが、
その手の業者の営業がきたり、
近所付き合いの
希薄な地域ではすぐにはずす所も多い。

※仏教徒には不要です。

 

すっかり定着してしまった喪中葉書は、
世間一般に広く流通していて、
お店でも売ってあるし、

家族が亡くなった事を知らせる意味合いも
あるので出したいという方も多いと思います。

しかし、より熱心な
浄土真宗の門徒(浄土真宗を信仰する人)
の方だったら、

「死はけがれではないから、全く気にせず
年賀状を出す!」

という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、
年賀状をもらった相手が同じ門徒さん
ならいいのですが、そうでない場合、

世間との摩擦が生じかねません(汗)

悩ましいですね~!(-_-)

そこで、苦肉の策として、年賀欠礼ハガキ
にして、「喪中」という言葉を使わず
ハガキを出す
という手があります!

 

 

「喪中」を使わない年賀欠礼ハガキの文例

 

12月上旬あたりには届く様にするといいでしょう。

喪中を使わない目的で、年賀欠礼ハガキを出すので、
文章中にも、もちろん「喪中」とは書きません。

※文例中では亡くなった対象人物を
「父」として例にあげています。

 


年賀欠礼の文例・1

この夏、父が浄土往生の素懐を遂げました。
つきましては年末年始の
ご挨拶を失礼させていただきます。

本年はひとかたならぬ
ご厚情に預かり厚くお礼申し上げます
明年も変わらぬご交誼の程お願い申し上げます

            合掌

平成○年十二月

 


年賀欠礼の文例・2

父が浄土往生の素懐を遂げ
初めて迎える正月は、父を偲び
家族で静かに迎えたいと思いますので
新年のご挨拶を失礼させていただきます。

尚、生前中にひとかたならぬご厚情を
いただきましたことを、厚く御礼申し上げます

時節柄、一層の御自愛の程、お念じ申し上げます
             
             合掌

平成○年十二月

 


年賀欠礼の文例・3

本年○月 長らく患っておりました
父が浄土往生の素懐を遂げました

つきましては年頭のご挨拶を失礼させて
いただきますので、何卒ご了承下さいませ

ご家族様におかれましては幸い多き新年を
お迎えになりますよう心より念じあげます

            合掌
平成○年十二月

 


年賀欠礼の文例・4

父が去る○月に死去いたしました

つきましては誠に勝手ながら
新年のご挨拶を失礼させていただきます。

茲に本年のご芳情を厚く御礼申し上げ
明年も変わらぬ交誼の程お願い申し上げます

寒気厳しきおり、日々お大切に
お過ごしくださいますよう念じ申し上げます

            合掌

平成○年十二月

 


年賀欠礼の文例・5

新年のご挨拶を失礼させていただきます

○月に父が死去し、初めて迎える正月は
父を偲びつつ静かに迎えたいと思いますので
新年のご挨拶は失礼させていただきます

尚、本年中賜りましたご厚情を深謝申し上げ
明年も変わらぬご交誼の程お願い申し上げます

              合掌
平成○年十二月

 


年賀欠礼の文例・6

新年のご挨拶を失礼させていただきます
本年○月 父・○○が往生の素懐を遂げました

に本年のご厚情を深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご交誼の程お願い申しあげます

尚、時節柄くれぐれも
ご自愛くださいますようお念じもうしあげます

               合掌
平成○年十二月

 


年賀欠礼の文例・7

謹啓 師走に入り、
何かとお忙しいことと存じます

さて、今年○月○日、父・○○が
お浄土へ往生いたしました

何気なく共に生活していた日々が
二度と帰ってこない
貴重な時間であったことは
まさに人生は一期一会であることを
深く知らされました

残された私をはじめ遺族のものは
決意を新たに一層の聞法と仏恩報謝に
尽くしたいと存じます

父への哀悼の意を表し
静かな年末年始を迎えたいと
思っておりますので
年賀のご挨拶などは失礼させていただきます

               合掌
平成○年十二月

 

文中に使わないNGワード

 

逝去(せいきょ)

これは他人の「死」に対する尊敬語です。

 

天寿・天命

(天から授けられた寿命という意味)
・寿命は天から与えられるものでも、
天が決めるものでもありません。

死の縁は無量です。
いつどこでどんな死に方をするかは
わかりません、
賜った命を精一杯生きるのが私たちの努めです。

その他

喪中・他界・永眠があります。

 

まとめ

 

近親者との別れは、どの方も宗教問わず、
平等に辛く、悲しいものです。

実は私自身、
こういった記事をかいているものの、

家族との別れの悲しみは、
辛く深いものであり、
すぐには受け入れられないと思います。

しかし、その悲しみをしっかりと踏まえた上で、
本来の仏教徒としての概念を見直す機会として、
故人の遺徳が偲ばれる年末に、
由緒を大切にされる表記を使用されることを
お勧めします。

(あわせて読みたい記事)
     
お仏壇のお餅の数はいくつが正しい?お供えする意味と仏具は?

 

こちらの記事もどうぞ(一部広告を含む)

仏事カテゴリの最新記事