お仏壇の引っ越し(移動)でお経(魂抜き・入れ)は浄土真宗に必要?

お仏壇の引っ越し(移動)でお経(魂抜き・入れ)は浄土真宗に必要?

お仏壇を何らかの理由でお引越し(移動)をする際に、

お寺さんに頼んで、引っ越し前と引っ越し後にお経をあげてもらわないといけない??

という部分を悩まれる方がたくさんいらっしゃいます。

浄土真宗の場合はどうするのが正しい方法なのか?

お経をあげないと先祖の霊魂が…と気になる方にも是非読んでいただきたい内容です!

(あわせて読みたい記事)
     
お仏壇にお水やお茶のお供えは間違い?湯呑やコップは使わない?


お仏壇の引っ越し(移動)でお経は2回?お布施の金額・表書き・水引は?

 

お仏壇の引っ越し(移動)で魂を抜いたり・入れたりは必要ない

ここでお話するのは、

例えば、

ある家のお仏壇を、違う家へ引っ越し(移動)させるといった場合です。

なので、すでにそのお仏壇には
ご本尊の阿弥陀如来やお脇掛けが安置してある状態ですね。

結論からお話すれば浄土真宗の場合、

 

お魂抜き(お性根抜き)や
お魂入れ(お性根入れ)は必要ありません。

 

そもそも、そういった
「魂」を抜いたり・入れたりといった法要(お経)は浄土真宗に存在しません。

 

よく「お性根抜き・お性根入れ」といった言い方もありますが、

浄土真宗では、霊魂が宿るといった考え方をしない宗派です。

 

ご本尊の引っ越し(移動)なら遷座法要(せんざほうよう)

 

浄土真宗のお仏壇の考え方として大切な事は、

お仏壇は阿弥陀如来(ご本尊)を安置する為の「家」だという事です。

 

お仏壇という「家」は、
ご本尊であるご主人をお迎えする為に用意されたものです。

なので、
先祖や故人を祀る所でもなく、霊魂が宿っている場所でもありません。

 

言ってしまえば、
ご本尊を安置していないお仏壇は、ただの箱です。

 

なので、引っ越しや移動でご本尊が動く場合なら
ご本尊(阿弥陀如来)の移動に関わる

遷座法要(せんざほうよう)が該当します。

遷仏法要(せんぶつほうよう)や

お移徙(おわたまし)という

言い方もあります。

 

ちなみに、新しく購入したお仏壇に
初めてご本尊を安置する場合だと
「入仏法要」(にゅうぶつほうよう)になります。

(入仏法要についてはこちら)
     

法事・入仏式のお仏壇の準備の手順は?7回忌以降は派手でもよい?

法事のお布施やお車代の金額と表書きの記入例は?入仏法要の準備

Advertisement

遷座(遷仏)法要が必要な例は?

 

遷座法要が行われる例としては、

・古いお仏壇から新しいお仏壇へご本尊を移し替える時

・お仏壇を修理(お洗濯)に出す時にご本尊を取り出す場合

などがありますが、

 

・家から家へお仏壇を引っ越し(移動)させた時

というのは、実は個人の判断で決められる場合が多いようです。

 

お仏壇の引っ越し(移動)に必ずしもお経は必要ない!?

 

もし、遠く離れた場所へお仏壇を移動するのであれば
お世話になるお寺も変わる場合もあるでしょうし、

新しい土地、家へご本尊をお迎えするのだから
是非とも遷座法要をさせてもらいたい!

という信心がある方なら、遷座法要をされるのはよい事だと思います。

 

しかし、ネット上の色んな意見を調べたところ、

お仏壇のご本尊自体は
変わりなく今までのお仏壇に安置されているのだから

必ずしも遷座法要は必要ないという僧侶の方の意見もありました。

 

結局は、新しい場所にご本尊(お仏壇)をお迎えするにあたって

「自分はどうしたいのか?」

といった部分にゆだねられる問題ですね。

 

引っ越し業者などに依頼すると「魂は抜きましたか?」と聞かれることも…

 

これは業者にもよると思いますが、

お仏壇を運ぶにあたって「バチ・祟り」を気にする事があるようで、

お経をあげて魂(お性根)を抜いてもらってからでないと
先祖の祟りで運搬中に事故が起きてはいけない…

と慎重になる業者があるようです。

 

浄土真宗では、
迷信・まじない・占い・おみくじ・霊魂などの考えを用いない宗派なのですが、

業者の方から

 

「お経(お魂抜き)はお済ですか?」

 

と聞かれた場合、

もし、個人のお考えで遷座法要をしてない場合でも

 

「大丈夫です。^^」

 

と答えておいた方が無難ですね。

何を信じて何を信じないかは、個人によって大きく異なりますので、
そこをうまく使い分けていいと思います。

Advertisement

お仏壇の引っ越しは「修理・修復」するいい機会

 

お仏壇を「修理・修復・クリーニング」

する事を「お洗濯」と言います。

お仏壇の引っ越しは
傷んだ箇所や、汚れなどを綺麗にするいい機会です。

長年大切にしてきたお仏壇でも、
どうしても傷や汚れはついてしまいます。

「今までお疲れ様でした、そして
これから新しい場所でもよろしくお願いします」

という気持ちを込めてお仏壇を
新品のように蘇られる事ができる

「お洗濯」をされてみてはいかがでしょうか?

特に金仏壇の場合は、
金箔の剥がれ、
装飾の欠損、金具のさび、
虫食い、
漆にフケが来ることがあります。

新しいものを買うと、
金仏壇ならそれなりのお値段がかかるので、
お仏壇のお洗濯をされた方がお得です。

(もちろん、唐木仏壇・ミニ仏壇・モダン仏壇の
お洗濯もできます

 

「お洗濯」におすすめのお仏壇専門業者は?

 

どこに依頼すればいいか悩む方は、
お仏壇の事ならなんでも相談できる
日本最大級の仏壇ポータルサイト「いい仏壇」
がおすすめです。

※「いい仏壇」の運営は、1984年創業の出版社である
株式会社鎌倉新書(東京一部上場、証券コード6184)
が行っており、
「葬儀・墓石・仏壇・終活・相続・介護見取り」
の分野でエキスパートの優良企業です。

ご希望の方は、
「お仏壇のお洗濯・修理の相談フォーム」に
必要な事項を記入・送信してもらえば、

仏壇店を紹介し、かかる費用(見積金額)を
答えてもらう事ができます。

 

年中無休の無料相談で、

自分で調べてお洗濯に出すよりも
手間も時間もお金もぐっと負担減です!

新しいお仏壇の購入・古いお仏壇の処分も「いい仏壇」

 

もし、見積もりなどで検討した結果
お洗濯ではなく買い替えとなった場合や、

お仏壇のサイズが新しい安置場所に
合わない
となった場合、

いい仏壇からクーポン利用でお得
お仏壇の購入が可能です。

もちろん、古いお仏壇の処分も「いい仏壇」で
可能です!

古いお仏壇の梱包まで全部おまかせで、
供養までしてもらえるので、
大変な作業も楽に終える事ができます。

鎌倉新書

※クーポン、資料請求、お問い合わせ、
各種相談はすべて「無料」です。

 

お仏壇にお経をあげたいけど頼むお寺が無い方へ

 

お仏壇を移動(又はお洗濯)するなら
きちんと法要(お経)をしたいと思うものの、

菩提寺が無い方や、
お寺との関わりが全く無い方にも

「いい仏壇」から
僧侶の手配までまとめて依頼可能です。

お布施を含めて、全て全国一律の定額制で、
各宗派の僧侶・お寺さんを手配してもらえます。

お仏壇の引っ越しやお洗濯だと、
浄土真宗では「遷仏法要(せんぶつほうよう)」
を行います。

門徒(もんと=浄土真宗では檀家ではなく門徒です)
になる必要もなく、依頼以降のお付き合いはありません。

 

まとめ

 

長くなってしまいましたが、

結果として、
すでにご本尊が安置してあるお仏壇を引っ越し(移動)させる場合

遷座(遷仏)法要はした方がいいけど、無理にしなくてもよい

いう答えにたどり着きました…。

こいったサイトを運営している立場上
「必ずお寺に依頼して法要をしましょう!」

と書いてしまいがちですが、
不慣れな方にとっては仏事のあれこれは
本当に大変な事だと思います。

そんな方の為に、
ネット上で気軽に相談できる窓口が
増えているので利用するのも1つの手だと
思います。

当サイトがお役にたてれば幸いです!

(あわせて読みたい記事)
     
北向きのお仏壇はよくない?配置場所はどこがベスト?


お仏壇の引っ越し(移動)でお経は2回?お布施の金額・表書き・水引は?

 

鎌倉新書

 

こちらの記事もどうぞ(一部広告を含む)

お仏壇・引越し(移動)カテゴリの最新記事