法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?

法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?

法事の準備って大変ですよね?

中でも、お供え物は普段よりも
豪華で数も多く、
それによって仏具も必要になってきたりします。

ここでは

「お菓子」

「果物」

に限定してお話しします!

(あわせて読みたい記事)
     
お仏壇にお水やお茶のお供えは間違い?湯呑やコップは使わない?

 

スポンサーリンク

お供えものにも順位がある?

出典:3.bp.blogspot.com

毎日のお仏壇のお給仕をする方は、
お仏飯をお供えすると思いますが、

法事の際にはその他にたくさんの
「お供物(おくもつ)」をお供えしますね。

 

お供物と呼ばれるお供え物の中にも
重んじられる順位があるのでご紹介すると、

 

仏飯

お餅
  
菓子


果物 

 

食べ物のお供えは、
上からこのように順に重んじられています。

 

今回はその中の「お菓子」「果物」についてですが、

 

ご自宅のお仏壇の大きさにあうような大きさと量を考えてみて下さい。

 

お仏壇に供えるお菓子のおすすめは?

 

和菓子全般

どらやき

出典:4.bp.blogspot.com

どらやきは、スーパーで売っているバラ売りを買えば、

お供えに必要な分だけ手に入るので無駄がありませんよ。

当サイト管理人は、袋のままお供えしています。

 

 

最中(もなか)

最中はお菓子の中でも上級品です。

あずきを使ったお菓子は昔からお仏壇のお供えとして重宝されるので、

最中は定番のお供え菓子です。

 

上用饅頭・団子

※地域によってお供えの際に決まりがある場合もあります。

お饅頭はお供えによく用いられますが、
白・黄色・茶色・緑・ピンクなど色んな色があります。

団子も地域によっては手作りして
必ずお仏壇へお供えする決まりがある地域もあります。

浄土真宗の中でも、地域によって
取り扱いに差がある
「お饅頭・お団子」ですが、

親や祖父母、近所の年長者などに確認
して用意することをお勧めします。

 

 

生菓子

出典:1.bp.blogspot.com

入仏式などの慶びの法要には華やかな
色合いのお菓子がおすすめです。

自宅の法事・法要なら、
お寺さんにお出しするお菓子としても人気がありますね。

 

 

お盆・お彼岸には

落雁(らくがん)

出典:3.bp.blogspot.com

お盆やお彼岸が近づくと、
スーパーなどにたくさんの落雁が並びますね。

綺麗で色も良く、見栄えがするので欠かせないお供えですが、

お供えの後に、そのまま食べるのにはあまり向かないと考える人も多いようです。

お供え後の事も考えて、

中身に砂糖を入れてある
お供えを型取った一見落雁のように見えるものもあるので、

なるべく無駄にならないように用意しましょう。

 

 

ようかん・ゼリー

夏のお盆の時期でも
日持ちして保存しやすいので、
贈り物の品としても人気があります。

 

 

おはぎ=ぼたもち

出典:4.bp.blogspot.com

春・秋のお彼岸には欠かせないお供えです。

春は「ぼたもち」 秋は「おはぎ」

と呼び方が変わりますが、同じものです。

自宅で作らない方はスーパーの
パック入りなどを買うといいと思いますよ。

 

 

洋菓子全般

ご自宅のお仏壇にお供えする分だったら、スーパーやコンビニに行けば、

色んなお菓子をバラ売りしているので、好きな組み合わせで買う事ができます。

お仏壇には和菓子という決まりはありませんので、
洋菓子も取り入れたお供えもいいと思いますよ?

 

スポンサーリンク

お仏壇にお供えする果物は何がいい?

 

既にお店に「お供えセット」なんてカゴに入った
果物がありますが、あのようなイメージです。

スーパーによっては、
親切にセットで販売してくれているところもあります。

ちなみにバナナ、リンゴ、ブドウ、オレンジ、などが定番です。

自宅用のお供え果物ならスーパーで十分手に入りますよ。
   

 

お菓子・果物を載せる仏具は?

 

用意したお菓子や果物を、お供え用の仏具に盛って行きたいと思います。

直接仏具にお菓子や果物を乗せない方がいいので、半紙を用意します。

書道用の普通ので大丈夫です。

無ければ白い無地の紙で代用してください。

そして、お供えを盛る為の仏具ですが、

高坏(たかつき)

 

段盛(だんもり)


段盛【PC 木瓜段盛 純金 朱・黒 2.5〜5.0寸】[浄土真宗用 お供え 仏具用品 仏壇用品 仏事用品]

 

(盛器・供物台など様々な呼び方)

 

この他にも供笥(くげ)という
お餅などを盛るのがありますが、

お菓子や果物に使うとすれば、普通は高坏・段盛・盆を主に使います。

 

高坏にお菓子を盛る方法

 

高坏には、少しあらたまったお菓子の方がいいと思います。

もなか、牛皮菓子、あずき系の和菓子など‥

お菓子を置く前に、半紙を折って敷ましょう。

 

そして、高坏へ敷くときには、自分の方へ三角の角が向くようにして敷きます。
(1枚そのまま折ると大きいかもしれません。半分に切るなどして調節して下さい)

仏さまにはまっすぐな方を向けてお供えしましょう。

原則として、一対で使うものですので、
盛るお菓子も2つの高坏に、同じものを盛ります。

(お供え専用の半紙もあります)

小さなお菓子だったら、数個ほど山型になるように盛ると見栄えがいいです。

(こちらはイラストで更に分かりやすく解説しています!)
      
法事でお菓子を高坏で供える方法は?お仏壇へ置く位置は?

 

段盛にお菓子を載せる場合はどうすればいい?

 

段盛りには半紙を四角に切って敷きます。
(丁度良い大きさであればなんでもOKです)

お饅頭、どら焼き、マドレーヌ、など
段盛りには様々な種類のお菓子を盛りましょう。

これも一対でつかうものなので、
左右で同じお菓子を、同じ高さの段に盛ると、お飾りをした時に見栄えが良いです。

 

段盛にはサイズが色々あって、

1段に果物を盛ることができるくらいの大きさから、

お饅頭1個分の段のサイズなど、
お仏壇の大きさや地域のお供え作法を考慮して選ばれて下さい。

(段盛りの供え方法もこちらでイラスト付きでわかりやすく書いています!)
      
法事でお菓子を高坏で供える方法は?お仏壇へ置く位置は?

 

スポンサーリンク

お仏壇のお供え用の果物を盛る方法

 

丸盆に半紙を折って敷きます。
(高坏の時と折り方、敷き方は一緒です)

盆からあまりはみ出さない様に、果物を盛ってください。

バナナなどは後ろ、リンゴやオレンジなどを手前にすると見栄えがいいと思います。

少なすぎても貧相なので、お仏壇のお供えは基本的に「こん盛り」がポイントです。

(イラスト付きの更に詳しい果物のお供えについては、こちらに書いてあります)
      
法事の仏壇お供えで果物の個数や向きに決まりは?お皿に盛る?

 

お菓子や果物のお供えは仏壇のどこに置けばいい?

 

最初に少しお話ししましたが、
食べ物のお供えには、重んじられている順番がありましたね?

「お仏飯」
  ⇩
「お餅」
  ⇩
「菓子」
  ⇩
「果物」

でした。

中型以上のお仏壇には、上段・中段・下段と3つに分けられていますので、

上の段から順に重んじられているお供えを
置いてください。

お餅と菓子が同じ段になっても構いません。

一番下には果物を置きます。

(具体的な果物のお供えの場所や方法はこちらで書いています)
  
法事の仏壇お供えで果物の個数や向きに決まりは?お皿に盛る?

 

置き場に困れば、多少はこの通りではなくても構いません。
置きやすいようにご自身で工夫されて下さい。

お仏壇の前にも卓(台)を設けるのでもいいですね?

仏壇(大・中・小)仏具の配置はこちらを参考にどうぞ
                    ⇩
仏壇の仏具の配置と浄土真宗・本願寺派の基本的なお飾りの方法

 

まとめ

 

基本的には小豆を使った和菓子お仏壇のお供えとしては一般的です。

果物はスーパーで手に入るもので充分です。

地域によってはお供えの品が決まっている事もあるので、
周りの人に風習等を確認された方がよい場合もあります。

お供えしたお菓子・果物を
量が多くて余ったりして無駄にならないようにしたいですね。

後で私たちが頂くことを考えて準備しましょう。
法事・法要後に出席者へ少しずつ配るのも良い方法だと思います。

 

お餅の準備や、その他の仏具の飾り方も書いていますので、
よければ参考になさってください。

 

(お餅の飾り方)⇩
お仏壇のお餅の数はいくつが正しい?お供えする意味と仏具は?

 

法事用のお仏壇の仏具の配置⇩
お仏壇の仏具の配置と浄土真宗・本願寺派の基本的なお飾りの方法

 

花(仏花)の飾り方⇩
仏壇の花の飾り方は?法事で使う種類や色の選び方

なお、高坏、盛段、盆は普段は使わないので、
法事以外では綺麗にして紙に包んでしまっておきましょう。

 

スポンサーリンク

お仏壇・お飾りカテゴリの最新記事