浄土真宗の法名(戒名)の値段は?おかみそり(帰敬式)とは?

浄土真宗の法名(戒名)の値段は?おかみそり(帰敬式)とは?

浄土真宗では、法名を付ける時に、
おかみそり(帰敬式=ききょうしき)
を行います。
浄土真宗では戒名とは言いません

今回はそんな「おかみそり」の儀式や
法名を頂く際に値段はいくらかかるのか?

といったお話をしたいと思います。

(あわせて読みたい記事)
     
仏壇の花の飾り方は?法事で使う種類や色の選び方

浄土真宗の僧侶の呼び方は住職やお坊さん?お寺の言葉で正しい使い方は?

浄土真宗の法名(戒名)の文字数は?院号がつくと値段が高い?

 

スポンサーリンク

おかみそり(帰敬式)で法名がもらえる!

出典:https://2.bp.blogspot.com

浄土真宗では「おかみそり」と呼ばれる
法名を貰える儀式があります。

正式な名は「帰敬式(ききょうしき)」と言って

ご本尊である阿弥陀如来や、

浄土真宗を開いた宗祖・親鸞聖人の御前で
浄土真宗の門徒として自覚し、

日々の暮らしの中でお念仏申す事を誓う

といった、門徒にとって重要な儀式です。

 

亡くなられた方へつける法名

 

亡くなった方は、手次寺のご住職が
ご門主(本山である西本願寺の代25代目)
に代わって法名を授けることになります。

通夜・葬儀には導師を勤めるお寺の
ご住職によって

「釋○○」

の三文字が付けられることが多いです。

浄土真宗ではその際に、
法名料なるものは通常必要ありません。

 

法名をいただくのは生きてるうちがいい?

 

門徒の方であれば、すでに法名をいただいて
いる方も多いと思います。

一般的には亡くなってから授かるものだと
思いがちですが、

実は生前にいただくのが本来の法名の在り方です。

帰敬式については、
本山である西本願寺(京都)で行われるのは
もちろん、

ご自身がお世話になているお寺でお願いを
すれば、案内をしてもらえるはずです。

「おかみそり」と言っても、本当に髪を
剃ったり切ったりするわけではありません。
(かみそりを髪に当てるふりをするだけです)

授式者は、申し込み用紙やお金の他に

・お念珠

数珠の選び方・房の種類は男女で違う?浄土真宗用おすすめは?

 

・聖典(お勤めがあります)

・門徒式章

葬儀の服装で浄土真宗の正装は?式章を肩からかける?

これらを忘れずにしましょう。

 

出家や僧侶になるためではありません

 

帰敬式(おかみそり)は名前だけ聞くと
頭を丸めて僧侶になったり出家をする覚悟が
いるかのように思う方もいるかもしれませんが、
違います。

自分が仏弟子として生きていく事を誓い、
浄土真宗という宗派を自ら選び、
自覚をもつ為の儀式です。

 

スポンサーリンク

帰敬式で法名をもらうのはいくらかかる?

 

生前におかみそり(帰敬式)を授式して
法名を頂く場合は、

本山である西本願寺の場合

成人・10,000円  未成年5,000円

となります。

詳しくは

「本願寺ホームページ」
   ⇩
「参拝」(各種お申込み)
   ⇩
「帰敬式」

をご覧ください。

 

法名の文字を自分で考えたい場合

 

もし、法名の「釋○○」の二文字で
希望がある方は、2か月前までに所属寺院の
ご住職からの申請が必要となります。

その場合は申し込みの1万円とは別に
別途1万円が必要です。

詳細については、手次寺のご住職に相談
されるか、もしくは

本願寺の参拝教化部・帰敬式係

TEL   075-371-5181

FAX 075-371-7601

へご相談下さい。

 

まとめ

浄土真宗では「戒名(かいみょう)」
ではなく、「法名(ほうみょう)」
といいました。

そして、亡くなってから授かるのでは
なく、門徒の方は生前に法名いただいて、
仏弟子である自覚を持ちたいものです。

成人は10,000円

未成年は5,000円

でした。

文字の希望があれば別途10,000円が
必要となります。

頂いた法名は文字の意味を理解して、
なくさないように大切にされて下さい。

ご家族へも法名の事を知らせておくと
いいですね、
ご自身の葬儀の際に、生前に頂いた法名が
すぐに見つかるようにしておくとスムーズです。

スポンサーリンク

 

法名についてカテゴリの最新記事