お仏壇のお餅の数はいくつが正しい?お供えする意味と仏具は?

お仏壇のお餅の数はいくつが正しい?お供えする意味と仏具は?

たくさんあるお仏壇のお供えの中でも
「お餅」は仏飯に次いで大事な位置づけです。

今回は、お仏壇の美しい飾り方「お餅」偏をお話しします!

(あわせて読みたい記事)
     
お仏壇のご飯のお供えは炊き立てを毎日?本願寺派と大谷派で作法が違う?

仏壇の花の飾り方は?法事で使う種類や色の選び方

 

スポンサーリンク

お仏壇へ食べ物をお供えする理由

mochi_maru出典:2.bp.blogspot.com

お仏壇へのお供えは、沢山ありますが、
食べ物のお供えとしては

お仏飯(ぶっぱん)が一番重んじられています

 

その次から、お供物(くもつ)とされる
食べ物のお供えへと、区別されていきます。

法事などの時の、お仏飯以外のお供え物の順位としては

お餅

菓子

果物

の順に重んじられます。

 

お餅は法事の際には欠かせない供物で
入仏式などの慶事の際にもお供えします。

昔から日本人は行事があると
お餅をついてましたし、何よりの御馳走でした。

そして、食べ物をお仏壇へお供えする私達の心情としては、

「阿弥陀様やご先祖にも食べていただく」

といった趣旨でお供えしがちですが、
本来のお供えの意味は、そうではありません。

 

主食となっている「ご飯」をはじめ、
「私達自身」が
生きていく上で欠かせない、
潤いをくれる
「食の代表」としてお仏壇へお供えし、

 

命の恵みを阿弥陀様の恵みとして
心から喜び、食に対して感謝する
という気持ちで
食べ物をお仏壇へお供えして、お参りするのです。

 

スポンサーリンク

お餅をお供えする時に必要な仏具

 

お餅を法事の度に自宅でつくのは大変だし、現実的ではありませんね?

スーパーなどに行けば、つきたての
比較的やわらかい白いお餅が売ってあります。

入仏式などの喜びの法要の時は紅白でも
いいかもしれませんが、基本的に白であれば間違いありません。

そして、お餅を飾る器ですが、
供笥(くげ)や高坏(たかつき)に盛ります。

 

供笥(くげ)
浄土真宗本願寺派用(お西)

六角形の縁が花びらのような仏具です。
(供花とも書きます)

供笥(くげ)
※真宗大谷派用(お東)

八角形の縁が花びらのような仏具です。
(供花とも書きます。)

 

ちなみに、供笥がない方は高坏でも結構です。

高坏(たかつき)
(漆ぬりの平皿の器に高い足がついています。)

 

ここでひと手間掛けてもらいたいのが、
半紙を折って敷紙にして、供笥や高坏に
直にお餅を置かないようにした方がいいですね?

市販の半紙でお習字に使うようなもので大丈夫です。
(※間に合わなければコピー用紙みたいな白い無地の紙で代用してください)

 

半紙にもこだわりたい方には
このような綺麗な商品もありますのでご参考にされて下さい。

 

以上、必要なものは

・お餅
(小さければ12個程度必要、大きければ4個程度)

・供笥もしくは高坏(一対ずつ)

・半紙

となります。

 

お餅の盛り方

 

1・供笥には向きがあります。
角が正面ではなくて、平らな面をこちらに向けましょう。
(絵がある場合はそちらを正面に)

 

2・半紙は三角を少しずらした感じに折ります。
(大きさは器にあわせて調節して下さい)

 

3・供笥や高坏に半紙を敷いたら、その上にお餅を盛ります。
小餅でしたら山型になるように工夫してください
(小餅の場合は、左右で6個ずつあった方が見栄えがよいと思います。)

大きければ2つ3つ重ねるくらいでいいのではないでしょうか?

 

4・お餅はお仏壇の上段へ一対になるようにお供えします。

 

以上がお餅のお供えの仕方です。

 

さらに分かりやすく画像を使ってまとめた記事はこちら!
   ⇩
お仏壇に供える餅の種類や色は?浄土真宗の飾り方と仏具

 

まとめ

 

慣れてしまえば、お仏壇のお飾りも要領よくなります。

今回は、お餅をお供えするというお話しでしたが、用意するものは、

・お餅(小さければいくつか必要)
・供笥もしくは高坏(一対ずつ)
・半紙

でしたね?

そして、
お仏壇の上段へ一対ずつお餅を盛った供笥(または高坏)をお供えするでした!

もし諸事情で一対に同じお供えが
出来ない場合は、違うお供え(お菓子)でも構いません。
(基本は左右に同じものを1つ)

その他、お菓子や果物のお供えの仕方は
こちらを参考にされて下さい
     

法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?

意外にも、
普段はお仏飯をいつもお供えするのに、
法事などのしたくでバタバタして、
うっかり忘れてしまいがちです。

ご本尊の前には、
お仏飯がお供えしてあることが大事です。

過去帳や位牌の前にはお仏飯をお供えしません。

この記事がお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク

 

お仏壇・お飾りカテゴリの最新記事