お年賀をお寺に贈る際の品物は?金額の相場と水引やのし袋の種類は?

お年賀をお寺に贈る際の品物は?金額の相場と水引やのし袋の種類は?

昔からお寺にお世話になっているお宅では
「お年賀」をお寺へ持って行き、
新年のご挨拶などをするのですが、

いままで縁のなかった人にとては
分からない事だらけですよね?

親が亡くなったのをきっかけに、
お寺とのお付き合いを代変わりしたので、
何も分からないという方も多いと思います。

もっと気軽にお寺へ年始のお参りが
できるように、アドバイスさせていただきます!

(あわせて読みたい記事)
     
浄土真宗の正月の仏壇飾り方・鏡餅の正しいお供え方法は?

浄土真宗の正しいお墓参りの方法!花・水・線香の準備や拝み方は?

スポンサーリンク

お年賀とは?何を持って行けばいい?

woman_okurimono出典:4.bp.blogspot.com

簡単に言うと、「お年賀」というのは、
新年のご挨拶の際に添える贈り物のことです。

一般的にお寺に持っていくお年賀には
大きく2種類あります。

金封にお金を入れて渡す

お菓子などの品物を渡す

どちらかで大丈夫です。

 

お寺側としては、

「何をいただいても結構ですよ!」

という考えなので、
どちらでもいいと思います。

もし、いつも親がお菓子を持って行ってたな‥

という方であれば、お菓子を用意されても
いいですし、

品物を買いに出る事が難しい人や、
何を買ってよいか分からない人でしたら、
金封にお金を包むのでも大丈夫です。

 

品物だったら何がいい?掛け紙と表書き

 

品物(お菓子など)をお年賀として贈る場合は、
基本的に「日持ちするもの」がいいでしょう。

洋菓子の詰め合わせや、クッキー、羊かん、
お煎餅、など

ご自身が贈りたいものを選ばれて構いません。

また、お寺なので「お茶」なんかも喜ばれる
のではないでしょうか?

 

客事の多いお寺ですからいくらあってもよいかと‥

そのうち、お寺さんとの関わりが深くなっていくと、
ご住職やご家族の好みなども
分かるかもしれませんし、
「お年賀」といっても、新年のご挨拶に添える
ものなので、高価なものでなくても大丈夫です。

大体3千円あたりの品で十分です。

 

そして、
掛け紙の水引はお年賀なので紅白です。

 

上段に「御年賀」と書いて、下段にをかきます。

 

 

金封の水引は何色?金額はいくら包めばいい?

 

お年賀として、品物ではなくお金を包む方は、

使用するのは「紅白の蝶結び」の金封で構いません。

表書きは、
水引より上段へ「御年賀」と書き、下段にはを書いてください。

ここでの金額は、だいたいお菓子と同じくらいです。

1千円、3千円、5千円、1万円…

地域で差があるのですが、そこまで
高い金額の必要はありません。

こういったお金は、
お寺の管理費・維持費・修繕費として
使われるようです。

みんなのお寺ですから、こういった
布施収入は、きちんとお寺の事に役立っているんですね?

 

スポンサーリンク

お年賀の渡し方の作法

 

大抵、年始の期間は(1月7日ごろまで)
新年のあいさつにお寺へ参られる方が多いので、
お寺には常にどなたかが、いらっしゃると思います。

その際には、

まず、本堂へあがり、阿弥陀様の前で
お焼香、合掌にてお参りをされて下さい。
(お念珠を忘れずに!)

近くにご住職か奥様がいらっしゃれば、
お忙しそうでなければ、ご挨拶しましょう。

 

例:「○○町の田中でございます、
去年の母の葬儀にはありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。」

のような挨拶と一緒に、持ってきた
お年賀をお渡しするといいと思います。

この時に、住んでいる場所や、
名前を言っていただかないと、

お寺側も全部の門徒さん(檀家さん)の
顔と名前を覚えているわけではないので、

名乗ってから
ご挨拶する方が丁寧でいいと思います。
(顔なじみであれば名乗る必要はありません♪)

お寺によってはお茶、お菓子をふるまわれる所もあるかもしれません。

その際には、残ったお菓子は持ち帰るのがお寺での一般的なマナーです。
(ほどこしを受けたらありがたく頂くのが礼儀です。)

 

まとめ

thumbnail_nenga_mark出典:1.bp.blogspot.com

かなり細かい事をたくさん書きましたが、
ここまできちんとしなくても、

お寺のご住職さんの人柄や、地域性、

親がしてきた今までのお寺との付き合い方など、
臨機応変に対応されて大丈夫です。

皆さんがすべてきちんとお年賀をされる
わけでもありませんが、
きちんとお寺へご挨拶をすることはとても
素晴らしいことです。

今後のお付き合いもしやすくなりますし、
よい年始のスタートを切れるのではないでしょうか?

(あわせて読みたい記事)
     
お寺へのお年賀は喪中や忌中は控える?年始の挨拶の注意点や持ち物は?

スポンサーリンク

お寺カテゴリの最新記事