聖☆おにいさん1巻の元ネタ解説・宗教用語!前編その1~その4

聖☆おにいさん1巻の元ネタ解説・宗教用語!前編その1~その4

聖☆おにいさん(セイントおにいさん)
のマンガに出てくるブッダやイエスの
宗教ギャグの元ネタを解説します!

まだ知らない方が読まれた場合、
ネタバレになってしまうので、
1巻の内容をまだ知らない方は
ご注意下さい。
※過去記事で解説した用語は省略させて
いただくことがありますのでご了承ください。
なお、この記事は非公式です。

(ついに実写ドラマ化のキャストが発表!)
     
新ドラマ「聖☆おにいさん」キャスト決定!染谷将太&松山ケンイチ!

 

スポンサーリンク

1巻その1☆ブッダの休日

 

登場シーンで
横向きに寝た状態で体の左側を下にして
お昼寝をしているブッダ‥

「大丈夫!
今日はコレ、涅槃とかじゃないから!」

 

涅槃(ねはん)
=釈迦が入滅(死)する事

釈迦の死に、たくさんの動物が
その周りに集まり悲しんだ。

そんな生類全ての悲しみを表現した図は有名で、
数多く残されています。

 


 

ブッダがビールを飲んで一言‥

「ふーーーーっ‥

この一杯のために苦行している」

 

苦行(くぎょう)
=長期間におよぶ断食などの辛い修行。

苦行中に何度も悪魔(誘惑)が近づき

「無駄だからやめろ」

と嘲笑してもブッダは徹底的に続けました。

しかし、
6年の苦行をもってしても悟りを開けず、
辞めてしまいます。

精神と肉体をダメにして真理から
遠ざかってしまうのでは?
と考えたからだということです。

 


 

コンビニから帰ってきたブッダが
おでこのイボを押さえて‥

「‥ココ超押された‥近所の小学生に」

 

白毫(びゃくごう)
=仏の眉間のやや上に生えていると
される白く長い毛で、右巻きに丸まっており
伸ばすと約4.5メートルあります。

仏教美術の表現から膨らみや模様と
誤解されるますが、それは誤りです。

ここから光を放ち、
世界を照らすといわれるありがたいもの。
(※押してはいけません)

 

スポンサーリンク

2巻その2☆最聖珍道中

 

電車での会話で
ブッダがイエスに向かって一言‥

「も~イエスの心臓が”鋼すぎなの!」

 

イエス・キリストの心臓は、
人類に対する愛の象徴とされ、

聖心(せいしん・みこころ)

ともよばれ崇敬されています。

宗教絵画では心臓が燃えていたり、
槍に突かれた傷や、
いばらの冠、出血、十字架と共に
描かれていることが多いです。

 


 

満員電車でキリストが酔っ払いに
言われた一言‥

頭になんて物巻いてやがんだ

危ねーな!!」

 

キリストの頭にあるのはイバラの冠で、

処刑されるキリストにローマの兵士が

「ユダヤの王にふさわしい王冠を与えてやろう」

とかぶせたとあり、

当時のユダヤ人に対するローマ人の
差別を示すものとも言われています。

 


 

酔っ払いだらけの満員電車で‥

つり革と間違われるブッダの長い耳たぶ

 

耳たぶの部分を耳朶(じだ)とも
言いますが、

肩に付きそうなほどの長い耳たぶで、
この大きな耳は
全世界の衆生の声を聞く能力が
あると言われています。

また、ブッダが王子だった時代に
ピアス式の耳たぶが伸びるほどの豪華な耳飾りを
付けていたからとも言われます。

 

スポンサーリンク

1巻その3☆もうひとつの楽園(パラダイス)

 

イエスと遊園地へ行って‥

ブッダが絶叫マシンに乗り込み

怖さのあまり唱えだしたお経

 

般若心経(はんにゃしんぎょう)
=大乗仏教の真髄が説かれた
読誦経典のひとつ。

実は般若心経の作者はブッダ=釈迦の死から
500年以上たって現れた「大乗仏教」の
信教運動をした人たちの中にいると
されています。

なので般若心経は必ずしも
釈迦の考えではないと言える経典です。

 


 

我慢しすぎたイエスが突然額から出血して一言‥

「あっ ごめん

ほこりが目に入って聖痕が‥‥」

 

聖痕(せいこん)とはキリストが
十字架に貼り付けの刑にされた際に
ついたとされる傷で、

釘を打たれた両手足と
ロンギヌスの槍で刺された脇腹の5か所、

イバラの冠に由来する額の傷、

十字架を背負った際の背中の傷

などを意味します。

 


 

ブッダが心温まる一言を言った途端に
その頭が光り出し、イエスが慌てて‥

後光が差すから夜 

外で徳の高いこと言っちゃ

ダメだってばーー」

 

後光(ごこう)とは、
神・仏などの背後から四方に放たれる光の事。

神仏の慈悲やありがたさが表され、
迷いを抑え、真実を照らす神秘的な光。

 

1巻その4☆初舞台

 

どちらが運があるか、自分達の死にざまを
思い起こしてブッダが一言‥

「え~~だったら

私なんてキノコで食中毒だよ?」

 

ブッダがある鍛冶職人の息子に説法を
したところ、

感激したその子が自分の村で
ご馳走したいと招待します。

その村は最も低い階級の貧しい被差別の村で、

出されたキノコ料理は明らかに腐っており

ブッダは他の人には埋めるように指示し、
自分は心のこもった
料理だからと全部食べるのです。

その後、強烈な腹痛に襲われ歩けなくなり、

80歳の生涯を終えます。

 


 

福引で不本意なものが当たり、
ブッダが一言‥

「‥偶像崇拝禁止しとけばよかったな‥」

 

偶像崇拝(ぐうぞうすうはい)とは、

偶像=人形や人間に似せたものという
意味があり、

木材・土・金属で形どられた
宗教的対象をかたちどったものを言います。

それを崇拝の対象として拝んだりして、
信仰の対象物とする事を偶像崇拝と言います。

 

まとめ

 

宗教用語に関しては、当サイト管理人は
専門家ではありませんので、
あくまでも簡単な知識程度の
感覚でご理解いただきたいと思います。

宗教への理解や解釈の違い等があると
思いますが、「聖☆おにいさん」を
より楽しく読む目的で記事を書いたことを
ご理解いただけたら幸いです。

この記事の続きの元ネタはこちら(1巻後編)
    
聖☆おにいさん1巻の宗教用語・元ネタ解説!後編その5~その8

(実写ドラマ化キャスト発表最新情報!)
    
新ドラマ「聖☆おにいさん」キャスト決定!染谷将太&松山ケンイチ!

 

スポンサーリンク

聖☆おにいさんカテゴリの最新記事