お仏壇・お飾り

浄土真宗の正月の仏壇飾り方・鏡餅/花/お菓子/果物のお供え方法は?

お正月のお仏壇は普段よりもお荘厳しょうごん=(お飾り)を豪華にしますが、その方法をご紹介します。

そして、鏡餅をどうやってお供えすればよいのか悩む方が多いようなので、

あわせて浄土真宗の正しい正月餅のお供え方法もお話したいと思います。

(家族が亡くなって初めてのお正月の場合)
   ⇩
喪中のお正月に鏡餅を仏壇にお供えしてもいい?浄土真宗の場合 

お正月のお仏壇の飾り方~浄土真宗~

出典:3.bp.blogspot.com

お正月のお仏壇の準備を12月29日にすると「二重苦」で縁起が悪いといった迷信がありますが、

浄土真宗は、そのような日付・数・まじない・占い・おみくじ・霊・魂といったものを否定している宗派です。

言い伝えや噂などに惑わされないように生活しましょう。

では、お正月のお仏壇お飾りのポイントをご説明します。

打敷(うちしき)をかけましょう

お仏壇を購入すれば大体ついていますが、打敷うちしきという前に垂らして使う三角の布があります。

お正月なので、派手な柄(赤や金)の打敷うちしきを用いますが、なければ控えめな色のものでも構いません。

三具足から五具足へ増やしましょう

お仏壇には

・香炉 ・花瓶 ・ロウソク立があると思いますが、

この三つを「三具足(みつぐそく)」といいます。

大事な法要や、お正月・お盆・お彼岸などの時には以下のように

・香炉 ・花瓶一対 ・ロウソク立一対

あわせて五つの仏具を並べます。
この五つを「五具足(ごぐそく)」と言います。

(お仏壇にスペースが無い時や、五具足が無い場合には三具足のままで構いません)

お正月はロウソクも華やかに

普段の白いろうそくを新品のものに変えるだけでもいいのですが、お正月には華やかなろうそくを準備するのもいいですね。

(お寺などではお正月の場合、朱のロウソクを用います。)

最近は綺麗な柄のロウソクが多く、ご家庭で楽しむならこのようなロウソクも素敵だと思います。

正月のお仏壇の花は松竹梅が基本


出典:3.bp.blogspot.com

お正月用の仏花は、松真を用いて梅・千両・南天・水仙・椿など、季節の花をお供えしてください。

お近くのスーパーなどの生花コーナーで、正月用切り花がセットで売っていると思います。

ご自宅のお仏壇用で用意するならこういったお花を利用するといいと思います。
(我が家もそうしています…)

※この商品は1つからとなっていますので、2箇所に飾る場合は2つ注文されてください。

お正月用のお花の飾り方は、以下の記事で詳しくご紹介していますので、よろしければ参考にされてください。

>>正月のお仏壇「花の飾り方/選び方」浄土真宗・喪中の場合は?

鏡餅のお供えにはお盆が便利

当サイト管理人の実家では、年末にお餅をついてお仏壇用の鏡餅をつくっていましたが、鏡餅のサイズが大きくて供笥くげ高坏たかつきにはのらないので、

半紙を敷いた丸いお盆に鏡餅をのせて、お仏壇の前にお供えしていました。

(地域にもよりますが、我が家ではウラジロの葉とだいだいで鏡餅に飾り付けをしています。)

各家庭の鏡餅やお仏壇のサイズはそれぞれ違うので正解はありませんので、無理のない方法でお供えされてください。

鏡餅をお仏壇にお供えするのは間違いではありません

「鏡餅は神様へのお供えだから、お仏壇へお供えするのは間違いでは?」

と考える方もいらっしゃいます。

しかし、鏡餅を絶対にお仏壇へお供えしてはいけないという決まりはありません。

お仏壇へ食べ物をお供えするという事は、

命の恵みである食べ物をお供えすることで、阿弥陀如来に日々の感謝を表す

という本来の意味があるからです。

ちなみに、お餅は2番目に重要なお供えものです。
(1番は仏飯です)

市販の鏡餅なら小分けパックになっていて、あとで食べやすいのでわりとおすすめです。

小餅をお供えする場合は高坏や供笥を使う

鏡餅を飾らない家庭では、普通の白い丸餅でもいいのですが、お正月のお供えなら紅白のお餅の方が、新年のお祝いとして よりふさわしいと思います。

高坏たかつき供笥くげという仏具を用いて、左右一対で餅をお供えします。

(※市販の小餅こもちの大きさは直径5センチくらいが多いようです)

供笥くげという仏具は、同じ浄土真宗であっても、本願寺派ほんがんじは(お西)と真宗大谷派しんしゅうおおたには(お東)で違いがあります。

本願寺派(お西)供笥

※サイズ4寸(高さ19.0cm×総幅14.5cm) をご紹介していますが、他にもサイズがあるので、選ばれる場合は、ご自宅のお仏壇に合うサイズをどうぞ。

真宗大谷派(お東)供笥

※サイズ4寸(高さ20.0cm×総幅14.0cm)をご紹介していますが、他にもサイズがあるので、選ばれる場合は、ご自宅のお仏壇に合うサイズをどうぞ。

供笥くげが無い場合は、高坏たかつきでお餅をお供えしても構いません。

どちらの場合もお餅は直接のせずに、半紙(習字用でOK)を折って敷いてからにします。

コピー用紙などの白い紙で代用しても大丈夫ですが、お供え物専用の綺麗な和紙もありますので、よろしければご利用下さい。

特小サイズ小サイズ中サイズ大サイズ
幅12cm×高さ12cm幅15cm×高さ15cm幅18cm×高さ18cm幅25cm×高さ25cm
京型高杯2.5寸~3.0寸対応京型高杯3.5寸対応京型高杯4.0寸~4.5寸対応京型高杯5.0寸対応
20枚入20枚入16枚入10枚入
商品・お供え用和紙のサイズ/枚数一覧表

供笥くげもしくは高坏たかつきにのせたお餅は、お仏壇の上段の両側にお供えします。

上段へ置けない場合は、なるべく他のお供えよりも優先的に上になる位置へお供えします。

⇩小餅のお供えの手順は以下の記事で詳しくご紹介しています。

>>お仏壇にお供えするお餅の色や個数・半紙や供笥を使った正しい飾り方

お菓子や果物のお供え方法

お菓子は高坏たかつきに、果物は供物台くもつだいに、それぞれ半紙を敷いて載せます。

お菓子はお仏壇の中段あたりへ、果物は下段あたりへお供えして下さい。

(⇩お菓子の詳しいお供え方法は、以下の記事からどうぞ)

>>仏壇のお菓子・高坏や半紙を使ってお供えする方法と置き場所

(⇩果物の詳しいお供え方法は、以下の記事からどうぞ)

>>仏壇に果物を置く方法・仏具に盛る向きや個数

(⇩果物をお供えする時はこちらの供物台が便利です。)

お供え物が多くなって置くスペースが無い場合は、お仏壇の前にテーブルや台を用意するのもおすすめです。

⇩必要な時にだけ使うなら、折りたたんでしまえるものが便利です。

⇩お供え用としてだけではなく、経机として常用できる机なら以下のタイプがおすすめです。

【重要】お仏飯(ぶっぱん)を忘れずに

お正月の朝に炊いたご飯は忘れずにお仏壇へお供えしましょう。

お仏飯は一番重んじられているものなので、ご本尊(阿弥陀如来)の前に置いてお供えします。

ご本尊の左右にそれぞれお脇掛けがあるなら、その前にも仏飯をお供えします。

※浄土真宗では位牌は使用しません。位牌の前にお仏飯・お水・お茶などの湯呑やコップもお供えしません。

お仏壇のお正月飾りはいつまで飾る?

特に決まりはありませんが、本願寺(浄土真宗の本山)などでは、1月4日にはお正月のお荘厳をといています。

1月9日からは親鸞聖人の御正忌報恩講(ごしょうきほうおんこう)を勤めますので、

家庭のお仏壇もそれまでを目安に、お正月のお荘厳をとくべきかと思います。

お供えし終わった鏡餅は、カビないうちに美味しくいただきましょう。
(浄土真宗での鏡開きの決まった日はありません)

記事内で紹介した商品のおさらい

関連記事(一部広告含む)

-お仏壇・お飾り

Copyright© amswer-mama.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.