浄土真宗の正月の仏壇飾り方・鏡餅の正しいお供え方法は?

浄土真宗の正月の仏壇飾り方・鏡餅の正しいお供え方法は?

お正月のお仏壇は普段よりも
お荘厳(おしょうごん=お飾り)
を豪華にしますが、その方法をご紹介します。

そして、鏡餅をどうやってお供えすればよいのか
悩む方が多いようなので、
あわせて浄土真宗の正しい正月餅のお供え方法
お話したいと思います。

(あわせて読みたい記事)
   
お仏壇にお水やお茶のお供えは間違い?湯呑やコップは使わない?

法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?

 

スポンサーリンク

お正月のお仏壇の飾り方~浄土真宗~

出典:3.bp.blogspot.com

お正月のお仏壇の準備を12月29日にすると
「二重苦」で縁起が悪いといった迷信がありますが、

浄土真宗では、そのような

日付・数・まじない・占い・おみくじ・霊・魂

といったものを否定している宗派です。

言い伝えや噂などに惑わされないように
生活しましょう。

では、お正月のお仏壇お飾りのポイントを
ご紹介します!

 

打敷(うちしき)をかけましょう

 

お仏壇を購入すれば大体ついていますが、
打敷という前に垂らして使う三角の布があります。

お正月なので、派手な柄や赤や金色の打敷
を用います。

なければ控えめな色のものでも構いません。

 

三具足から五具足へ増やしましょう

普段は

・香炉 ・花瓶 ・ロウソク立ですが、

この三つを「三具足(みつぐそく)」といいます。

 

大事な法要や、お正月・お盆・お彼岸などの時には以下のように

・香炉 ・花瓶一対 ・ロウソク立一対

あわせて五つの仏具を並べます。
この五つを「五具足(ごぐそく)」と言います。

(お仏壇にスペースが無い時や、
五具足が無い場合には三具足のままで構いません)

 

ロウソクは白でも朱でもかまいません

 

(お寺などではお正月の場合、
朱のロウソクを用います。)

最近は綺麗な柄のロウソクが多く、
ご家庭で楽しむならこのようなロウソクも素敵だと思います。

正月のお仏壇の花は何がいい?

出典:3.bp.blogspot.com

お正月用の花をあしらいます。

松真を用いて梅・千両・南天・水仙・椿など、

季節の花をお供えしてください。

お近くのスーパーなどの生花コーナーで、
正月用切り花がセットで売っていると思います。

ご自宅のお仏壇用で用意するなら
こういったお花を利用するといいと思います。
(我が家もそうしています…)

その他、図で仏具の配置を見られたい方は
こちらを参考にされて下さい。
    ⇩
お仏壇の仏具の配置と浄土真宗・本願寺派の基本的なお飾りの方法

 

スポンサーリンク

お仏壇に鏡餅をお供えしましょう

 

我が家では、年末に家族でお餅つきをします。

その時に、お仏壇用の鏡餅(中サイズ)を作って
お仏壇にお飾りをするのですが、

「鏡餅は神様へのお供えだから、
お仏壇へお供えするのは間違いでは?」

と考える方もいらっしゃいます。

しかし、

鏡餅を絶対にお仏壇へお供えしてはいけない
という決まりはありません。

 

お仏壇へ食べ物をお供えするという事は、

私たちの命の恵みである食べ物を
お供えすることで、
阿弥陀如来に日々の感謝を表す

というのが本来の意味です。

 

「お餅」2番目に重要なお供えものです。
(1番は仏飯です)

なので、鏡餅だからといって、
お供えしてはいけないという事はありません。

お寺でも鏡餅はお正月のお飾りとして
かかせないお供えとなっています。

 

 

ちなみに我が家のお仏壇の鏡餅の飾り方は…

 

鏡餅のサイズがあわないので、
お餅用の供笥(くげ)を使わず、

お仏壇の中段・真ん中に橙を載せた
鏡餅(中サイズ)を

半紙の上に置いて飾っています。

お仏壇の真ん中にドン!と置いてある感じですね、

毎年バタバタ大晦日にお飾りをするので、

花瓶は松・菊・南天 

ろうそくは白

三具足のまま、

といった簡単なお正月飾りとなっています…。

 

供笥(くげ)を使った鏡餅の飾り方

 

お餅用の供笥(くげ)という仏具を用いて
それに左右一対で鏡餅をお供えする方法もあります。

供笥(くげ)は、お仏壇に合うサイズを使いましょう。

同じ浄土真宗でも、本願寺派と大谷派では
供笥の種類が若干違います。

供笥(くげ) 本願寺派(通称:お西用)

供笥(くげ) 大谷派(通称:お東用)

高坏(たかつき)しか無い場合には

高坏で代用して構いません。

自宅でお餅をつく方は、
供笥(くげ)や高坏に合うサイズの鏡餅にしましょう。

お餅は直接のせずに、半紙(習字用でOK)を折って
敷いてからにします。

コピー用紙などの白い紙で代用しても大丈夫ですよ。

お供え物専用の半紙もあります↓

半紙は下の図のように折り、
供笥(くげ)もしくは高坏に敷いて下さい。

半紙を供笥(くげ)や高坏に敷く場合には、
まっすぐな側がお仏壇に向くようにします。

 

 

(橙は載せても載せなくても決まりはありません)

 

鏡餅はお仏壇のどの位置に置けばいい??

 

供笥(くげ)や高坏に載せた鏡餅は、

お仏壇・上段の両サイド

へお供えして下さい。

 

 

スポンサーリンク

お仏飯(ぶっぱん)を忘れずに!

お正月の朝に炊いたご飯は忘れずに
まず最初にお仏壇へお供えしましょう。

仏飯はご本尊(阿弥陀如来)の前にお供えします。

その左右にそれぞれお脇掛けがあるなら
その前にも仏飯をお供えします。

なお、位牌の前にはお供えしません。
お水、お茶などの湯呑やコップもお供えしません。
      ⇩
お仏壇にお水やお茶のお供えは間違い?湯呑やコップは使わない?

お菓子や果物のお供え方法

 

こちらに詳しく説明していますので
ご参考にされて下さい

法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?

 

お正月のお仏壇のお飾りはいつまで飾る?

 

特に決まりはありませんが、
本願寺(浄土真宗の本山)などでは
4日にはお正月のお荘厳をといています。

1月9日からは親鸞聖人の
御正忌報恩講(ごしょうきほうおんこう)
を勤めますので、

家庭のお仏壇でもそれまでを目安に
お正月のお荘厳をとくべきだと思います。
(報恩講について)
   ⇩ 
浄土真宗の報恩講の由来は?西本願寺やお寺での日程や勤め方は?

お供えし終わった鏡餅は
カビない内に美味しくいただきましょう。
(浄土真宗での鏡開きの決まった日はありません)

 

まとめ

出典:4.bp.blogspot.com

お正月のお仏壇のお荘厳で
普段のお飾りと大きく違うのは

やはり鏡餅です。

あとは花をお正月の季節を
感じるものにするといいですね。

なお、お正月の法要としてお寺では
「元旦会(がんたんえ)」または「修正会(しゅしょうえ)」
という法要があります。

新年を祝うと共に誓いを新たにする
お寺のお正月の法要です。

そして、ご家庭のお仏壇はお寺のお飾りを
ミニチュア化したものなので、

是非、お参りしてお寺のお荘厳の
スケールの大きさを体感してみてはいかがでしょうか?

(あせて読みたい記事)
お年賀をお寺に持っていく期間はいつまで?お年始との違いは?

お年賀をお寺に贈る際の品物は?金額の相場と水引やのし袋の種類は?

スポンサーリンク

お仏壇・お飾りカテゴリの最新記事