Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
話題

社にほへと終了!ゲーム開発中止で聖☆おにいさんドラマも宗教問題?

今日、ヤフーニュースで気になる記事を
発見しました。

神社を擬人化したゲーム
「社(やしろ)にほへと」
ゲームの趣旨に対してクレームを受けたことから

開発終了の結果になったという内容でした。

個人的にはこのゲームの存在は知らなかったので、
9月11日付のニュースで初めて知ったのですが、

ふと同じような問題が起こりそうなのが、
「聖☆おにいさんドラマ実写化」だと

脳裏に浮かびました‥。

今回は個人的なつぶやきも交えた内容で
社にほへと開発中止の経緯や、
宗教をアニメ・ゲーム・ドラマ化することの
難しさ、

いっこうに発表されない
セイントおにいさんドラマの
放送日時やキャストなどの問題にも触れてみたいと思います。

 

 

「社にほへと」とは?


出典:pics.dmm.com

 

「社(やしろ)にほへと」とは、

DMM.comの、神社を擬人化した美少女が
活躍するシミュレーションRPGで、

DMM GAMESで2017年夏に開発すると発表され、

事前登録の受付を公式サイトで2017年3月15日から
開始されていました。

 

公式サイトでは、登録者数が10万人以上という

ゲームを楽しみにしている人達の多さと
人気の高さをあらわしていましたが、

その公式サイトでは

 

「現在、事前登録を一時停止しております

 

という文字が掲載されおり、

その理由として

4月上旬にゲームの趣旨に対して

「神社本庁が不快感をあらわしている」

という一部の報道があったようです。

そうして4月下旬に「事前登録」は緊急メンテナンスに入り、

プロモーション活動や事前登録の受付も停止し、
正式リリースをすることなく、
このたび開発終了という流れになったのです。

 

社にほへとの問題点は?社巫女とは?

出典:pics.dmm.com

 

社(やしろ)の化身である純和風の
「社巫女(しゃみこ)」と呼ばれる可愛い
キャラクターが、

平安時代に召喚されたプレーヤー(自分)と
妖(あやかし)に穢された世界を救う為に
戦うといった内容です。

そもそも神社が擬人化すると巫女の姿になる
ところが無理があるような‥。

巫女って神社に使えて、歳時や祈祷の手助けをしたり、
神楽や舞を奉納するといった役目なので、

神社を擬人化して巫女の姿になるといった

キャラクター設定に疑問を持つ人も多くいたようです。

 

さらに公式サイトの画像では、ダメージを受けると
衣装が破れてかなり色っぽい状態になってしまってます‥(^-^;

出典:pics.dmm.com

 

神聖な神社をこういった扱いをされることに
不快感を表す人もいるだろうな~と思いました。

 

 

実在する神社を連想させるのも問題だった!?

出典:pics.dmm.com

社巫女を召喚して戦うのですが、
そのキャラクターの名前が実在する神社をあらわしているのでは?

と思えるのです。

画像にあるのは「住吉」っていう社巫女ですが、
実在する住吉大社を連想させます‥。

このキャラクターのセリフで

「私は住吉

海上の守護神と呼ばれているの。‥」

とありますが、

確かに実在する住吉大社も
海の神である筒男三神と神功皇后を祭神とし、

航海の神、港の神として祀られている神社です

う~ん‥これは神社に関係する人が見ると

「実在の神社とは関係ありません」とか
「フィクション」とか言われても

どうしても本物の神社と結び付けて考えて
しまいますね‥。

しかも神社関係を扱う神社本庁には
無許可でゲーム開発を進めていたようです。

 

事前登録ページでは、一日一回しか引けない
事前ガチャというのがあり(今はもうできない)

社巫女がそれぞれ大吉~凶のおみくじとして
でてくるのですが、

これにも神社そのものをランク付けしたかのような
扱いに批判があがったようです。

 

宗教をアニメやゲーム化するのは難しいですね‥。

 

そこで前から心配だった‥

というか、
非常に危惧していた「ある問題」が私の頭をよぎりました!

 

聖(セイント)☆おにいさん実写ドラマ化の日時情報が無い不安

 

「聖☆おにいさん」(セイントおにいさん)
というマンガがあるのですが、

月刊モーニングツーで連載中の
中村光(女性)が作者の人気ギャグ漫画です。
(代表作:荒川アンダーザブリッジ)

おおまかな内容は、

イエスとブッダの2人がバカンスの為に
東京・立川でアパートをシェアして過ごす
というもの。

シュールで誰も気分を悪くしないような笑いだし、
宗教を扱った(しかもイエスとブッダが主人公)
内容だけど、

このマンガについて批判的な意見は今の所耳にしません。

 

出典:www.saint023.com

 

2016年の11月に実写ドラマ化が発表されて、
ファンの間では

「絶対に面白い!」

と期待が膨らんでいました。

 

しかし!

 

それから具体的な情報として、翌月の12月に

ドラマ化は山田孝之プロデュース
福田雄一による脚本・監督

といった発表があったのみでした。

 

今年(2017)に入って何も情報が無い!!

 

もう9月です‥。

もしかして「社にほへと」のゲームのように、
実写ドラマ化にクレームが出ているのでは!?

 

聖(セイント)☆おにいさん実写ドラマ化中止の危機!?

 

実はすでに映画でセイントおにいさんはアニメ化されています。

2013年に公開された内容が

宗教ネタほぼカット!!

だったのです。

 

私もこの作品は見た事あるのですが、
たしかにマンガほどの宗教用語やネタはなかったですし、

大天使(イエスの弟子)などの
宗教的なキャラクターも出てきませんでした。

 

アニメ化でさえこんなに配慮されているので、

もしかしたら実写でドラマ化というのが
暗礁に乗り上げているのでは‥!?”(-“”-)”

と半分諦めモードにもなっています。

 

個人的にはドラマ化を楽しみにしていたものの、
今回の様な「社にほへと」のニュースを見てしまうと、

聖☆おにいさんドラマ化中止という不安も
現実になきにしもあらずといったところでしょうか?

イエスとブッダですからね‥、

下手すると世界中を敵に回しかねませんからね( ゚Д゚)!

やっぱり「宗教」は取り扱うテーマとしては
難しすぎるし、演じる俳優もかなりリスクがありそうです。

今後どのような流れになるのか気になりますね~。

 

まとめ

 

今回は、神社をテーマにした
「社(やしろ)にほへと」というゲームが

世間や神社本庁を敵に回した為に開発中止となった
というニュースと関連して

宗教ギャグマンガである「聖☆おにいさん」の
実写ドラマ化も危ういのでは?

というお話しをしました。

聖☆おにいさんのドラマについては、
水面下で着々と製作が進んでいると信じたいのですが、

今回の「社にほへと」問題のあおりを受けて
放送が危ぶまれないかという心配を個人的にしております。

私的には楽しみにしているので、
聖☆おにいさんドラマの最新情報にアンテナを張って
見守りたいと思っています!

 

聖☆おにいさんのドラマについては
2017年9月の段階で

・実写ドラマ化決定

・山田孝之プロデュース

・脚本・監督 福田雄一

以上の情報しか正式に発表されていません。

 

無事(?)にキャストや放送日時のニュースが
あるかどうか‥

今後の発表に注目ですね。